スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たらこ・たらこ・たらこ

しんどいことが有った日は、旨いもの食って書いて寝るに限る。旨いもの食って書いて寝てる時間などは無い筈ですが、『細けぇこたあいいんだよ』。

標題の通り、たらこスパゲッティを作りました。写真は取るの忘れました…
時々手作りするより市販のやつを買った方が安上がりな食べ物がありますが、たらこスパゲッティもその一つです。『キ○ー○ーあえるパスタソースたらこ』であれば二人分200円で済みますが、手作りするとなるとたらこ二腹のパックだけを買う時点で300円近くになっちゃいます。そこにパスタとか海苔とか他の材料をゼロから集めねばならないとしたら不経済極まりない。でも粒感はやっぱり市販のより上なのです。だから懐がそこそこ温かくて心と胃袋が寒い時に作ると良いと思います。

以下、一応作り方(一人分)。混ぜるだけだけど。

材料:
たらこ…小さいの一腹(今回みたいに切れ子であれば少し安い。)
パスタ…100~150グラム
バター…大さじ1(バター無かったので今回はマーガリンとオリーブ油を合わせて大さじ1使いました。しかしマーガリンもそれで終わってしまったと言う…)
酒…小さじ1
刻み海苔とか大葉とか…好きなだけ(今回は無し)

作り方:
①パスタをaldente(?)に茹でる。
②バター(マーガリン)を冷蔵庫から出して軟らかくしておく。
③たらこの皮に切れ目を入れて中身を掻き出してほぐしておく。今回はかなり崩れた切れ子だったんでテキトーにフォークでほぐしただけ。
④②と③、酒を合わせたものに茹で上がったパスタを『お湯を切らず』にぶちこんで混ぜる。
⑤もしお家に在ったら刻み海苔でも刻み大葉でもてっぺんに乗せるが良いさ!(彩りも良くなるし臭みも消えます)

味:
やっぱり粒々食感の質が違うね。キユー○ーあえるパスタソースたらこも粒自慢らしいけどやっぱり違うね。ゴージャス感がダンチだね。就活時代にキ○ーピーに書類選考の時点で落とされた恨みなんかこれっぽっちも含んでないね。…。
一言でまとめればとても美味しかったです。魚卵嫌いで無ければ是非。でも母と妹が魚卵嫌いなので実家では作れないな。
県民SHOWで、群馬県伊勢崎市の名物『神社コロッケ』というのを紹介していました。じゃがいもに青のりを混ぜて薄い円盤型に整形して揚げて、ソースや味噌に浸した独特のコロッケで、内山さんという一人のおじいさんが屋台を引いて神社の横で売っていたのが始まりらしいです。見るからに素朴なおじいさんが、ただ彼の日常生活を重ねていただけだろうに、いつの間にか一つの食文化を作ってしまったってことが嬉しくてたまらない。
スポンサーサイト

平和主義だからなあ /各種漫画れびゅ

事なかれ主義?そうとも言う。

自分が政治家になったら絶対日本潰れる気がします。毛頭なる気もありませんが。あのローリング女史は「仕方無く権力の衣を着る者こそが本人が驚くくらい立派にその役目をこなす」と言っておりましたが、絶対嘘だ。現在後輩からは老害呼ばわりの研究室トップ、沌夕でございます。嘘だけど。でもお荷物さんとか思ってるのは明白だ。陰口叩いてるの聞こえたし(聞こえるよーに言うなよなー。)全く、実力もないくせになんで院になんか進学したのだ。三年前の自分に小一時間問い詰めたい。親に申し訳ないと思わんのか。
マジでモラトリアム欲しさに進学するのは止めた方が良いです、特に女子大生。企業の面接官には年増扱いされるわ(←誇張してるけど大体実話)良いことないぜ。院生がいなくなり研究室が成り立たないと言う場合も然り。キミなんか居なくたって割りと世界は回るんだぜ。ケケケ。だから「自分の好きなように、しかし先を見据えて生きろ」という経験者からの話です。

先日市街地に出た際にゲットした鬼灯の冷徹を読了。珍しく次巻に続く。表紙はリリス嬢のアップ。カラフルでデコレイティブなイラストが大好きです。カラス天狗の寮とか、毎回デザインに圧倒されます。でも鬼灯様はドSではないわな。ギリシャ冥界が出てくるようで、次の巻が面白そうです。イスラムに地獄に相当するものはないのかな?

個人的にはジャンプの『斉木楠雄のψ難』がアツい。「僕は世界一不幸な男」とか言いながら何だかんだ超能力ライフを満喫するくーちゃんは言わずもがな、弱冠高2にして見事なケツあごをお持ちの燃堂くんも、中二病の海藤くんも可愛くてなりません。特に海藤くん、素の気弱少年っぷりが愛しすぎるだろっ…あれこれ悩まずに読める、しかし高品質な笑いを得られるギャグ漫画だと思います。絵もなかなかきれいだし。色々キビしいジャンプの中ですが、このままこのレベルを保ってほしいです。

そして捕物帖が来ねえ。

セブンイレブンでクイ ニーアマンを売る季節

これ、大好きなんですよ。カラメルはパリパリだし、ストレートでわかりやすい味だし。本場のクイニーアマンがどんなものなのか食べたことがないから比較できないけど、少なくとも一つのお菓子としてはこのセブンのは好きです。ここ三日くらい毎日食べております(太るっちゅーに)。このクイニーアマン、どうやら季節限定らしいと今年知りました。まああんな砂糖と油の塊、夏に食べたいなどという人間は少なかろーとは思うけど。しかし…フランス人てのはカラメルが好きなんだろうか?プラリネ然りクレームブリュレ然り。

今日は健康診断書のコピーを取りに行ったり携帯充電器のアダプターを取り替えに行ったりと、久々に伊那の街を駆け巡っておりました。アダプターって何故かある日突然急に接続が悪くなって使えなくなるのよね。昨日は貴重な三十分もの時間を充電器と携帯が離れないように繋ぐ為だけに費やす羽目になりました。今は充電してる最中に自分のやりたいことが出来ることの幸せさを実感中でございます。折角両手が自由になったのに、そしてやらなきゃならないことはいっぱいあるのに、例によってやる気が出ない切なさよ。

一日遅いですが暗殺教室感想。固定砲台ちゃんが益々可愛くなりました。白ニーソ…松井、お前その筋のモンか…

谷山浩子と杉山小弥花の世界観

杉山先生、絶対谷山浩子好きだと思う。(冷蔵庫の中に象のコーラスシーンで使ってたし)谷山浩子の『ゆりかごの歌』や『卵』『ローリングダウン(←アルファベット)』を聞いていると速水や那由多のことを歌っているように聞こえて仕方ない。歌詞が、というより感じ取る雰囲気とかが近い気がする。人間の心も、谷山浩子の歌も、THE・凡人の私には感じ取るしかできないくらい難解だからか。眠すぎて最早何言ってるかわからん。

学校泊まり込み二泊目…!眠いから寝る。ゆりかごの歌聞きながら。悪い夢見そうで怖いけどな。明日(今夜)ゆっくり寝るから良いんだー。それよりか歯を磨くと歯ブラシが赤く染まるのが気になるよ。歯肉炎?虫歯?

ヲタとブランドのマリアージュ

ルイヴィトンがボカロオペラに登場する初音ミクの衣装をデザインしたらしい。なかなかスタイリッシュ。『それを見たヲタ層がルイヴィトンを買うのか』、とか、『ヲタの世界に入り込まないで欲しい』、とか様々な意見はあれど、私は『両者ともここまで来たか…』と感心しております。生き残るためには新しい客層にアピールしなきゃならんし、ヲタ向け(←最近違う気もするけど…)とブランド物なんて、言わば真逆の世界にあるものが手を取り合って新しいモノを生み出すって、結構凄いことだと思うのだ。あと似たような話題として、日本ジビエ振興協議会が秋葉原のメイドさんとジビエ肉を使った萌え弁当(イノシシ竜田揚げ、鹿肉のハンバーグにロティ、山カラスの鳥団子)を開発したらしい。すげえ。ジビエは美味しいからもう少し身近な存在になればいいのに。害獣(←実はこの言い方抵抗がある)駆除と旨い料理で山間地の振興と一石二鳥だね。
…でも、ちょっと思うんだけど、普段オタクを一段低く見ているクセに何かを売り込みたい時だけ利用するのってどうなの。

過去・現在・金ぴかの未来

太陽の党太陽の党って、どうしても森見登美彦の方を思い出しちゃうからやめれ。岡本太郎を思い出すのじゃないとこがポイント。

明治失業忍法帖が届きました!…でも、明治本編より冷蔵庫の中に象が楽しみな私はそちらを先に読み…うわあああ何この修羅場でぶった斬りとかうわあああ。なゆたんを殺す(予定の)人間が『彼』だということは予想がついてはいたのですが…なんて切ないんだ。なゆたんと速水は、(恋愛だけではなくて)幸せになれるのでしょうか…なれるよね?その前に私たちはこの作品を最後まで読ませていただけるのでしょうか…

無論読み始めた忍法帖も面白い、文句無しだ。ランスロットとアーサーって…
「恋と戦争ではどんな手段もフェアである、ガタガタ抜かすなライム野郎」…清十郎さまかっけええええ。

毎週恒例暗殺教室も新キャラ登場で楽しかったです。『固定砲台』ちゃんかわええ。

一区切りついたら久々な気がする実験をやらねばねばねば。

ディアレストとか好きだったのに

一時代を築いた歌姫も落ち目になれば只のエロババアかぁ…

いや何でもございません独り言です。

宴会は無事に終えました。それもこれもこのダメ幹事を細部に渡りサポートして下さった先輩たちのおかげです。片付けまでさせてしまい申し訳ない。

ただ、またかよですが今無力感に苛まれております。人並みにすらできない自分が悔しくてしょうがない。つい甘えてしまう自分が情けなくてしょうがない。色々な期待に応えられない自分がもどかしくてしょうがない。
自信持てと言われても、全然良い先輩なんかじゃないんです。後輩が仕事を思い付くと『余計なこと考え付くなよな』と思ってしまいますし、実際態度なり言葉なりに出してしまったこともあります。人より物覚えが遅かったから、後輩に教えてと言われたことを教えられなかったことなど茶飯事です。その結果が今の、人望ない先輩です。

数日前、愚痴日記止めるとか書いたのにもうこれだよ。強くありたい。特に、辛いと思ってもパッと感情に出さないで、笑っていられる術が欲しい。

これは誰の毛お前の毛

最近、冗談抜きで抜け毛が酷いです。人間の抜け毛は一日55本(中途半端)程度らしいが、確実に100本くらいは抜けてる気がするよ。どうしよう、このままじゃ30歳くらいにはアデランスだかイブサーラだかの世話になる羽目に…WAKAMEを食べるのだWAKAMEを。あと卵やチーズ、鶏肉、豆類や緑黄色野菜が良いらしい。って、この頃食べてるものばっかじゃん。やっぱ大丈夫か?

久しぶりに学校に泊まり込み作業しました。ホントはしなくてもいいけど、カンが戻ったのと、大変ではないけど厄介な仕事が少し減ったので良いかな、と。明日17日は研究室の同窓会みたいのがあって、何の因果か私が幹事なので今日は何があってもお家に帰って体力温存しなくてはなりません。こーゆーの(←幹事に司会・兎に角取締役)、ホントに、ほんっとーに苦手なんです…『ラストオーダーの時間とか、何かしらで皆に声を掛ける時は皆の会話が無くなってきた時に』って、皆ひっきりなしに食って喋って飲んでんじゃん?『目上の方の飲み物が減っていたらすかさずお注ぎする』って、酒を飲まない先生もいるのにウーロン茶ばかり胃がたぽんたぽんになるくらい飲ませろっての?あと別のもの飲みたいかもしれないのにorもう飲みたくないの我慢して飲んでくれてるかもしれないのに(←自分が経験済み)半強制的に「お注ぎします」は如何なものかと。それを人に言うと「嫌だったら相手は言うから」とか「沌夕は気の使い所を間違えてる」とか言われます…(´・ω・`)自分が良くある『NOとは言えない人種』なもので。
飲み会、コミュ障には辛い行事です…。お客様としてただ飲んでりゃいいなら悪くないけど。

ま、逆に考えれば出来がどーだろーと明日を限りでこの件に関しては悩まなくてよくなるのだ。とっととやるべきことやって卒業するのだ私は。

よーし今日も頑張るぞ。

ボジョレー・ヌーボー本日解禁

…らしい。ワイン飲まないから知らんけど。

ボジョレーは熟成させるとマズイので若い内に飲んでしまうのだとどっかで聞きました。初物ってだけで凄く旨いもんでもないからフランス人は飲まないとも。そのボジョレーの、世界に輸出される内の半分を買い占めてるのは日本だとか。(ネット情報の為ホントかどうかわかりません)。江戸時代から日本人の初物信仰は変わらないんだなあとか、日本国民がミーハーなのかマーケティングが巧いのか、と、したり顔で呆れる沌夕でございます。ま、好きなもん食って好きなもん飲めば良いんだけどね。

やっぱり午前中は動けないよう。日がある内にしか出来ない仕事も抱えているとゆーのに。もう何回か書いてますが、最近過眠気味です…10時間くらい余裕で寝ちゃうんだよなあ…許されるなら1日寝ていることも可能な気がする。6時くらいから「起きなきゃ起きなきゃ」と何度もアラームセットするので細切れな睡眠になるのも原因か。
そして過眠名物変な夢。余程寒い中の作業が嫌なのか、ビニールハウスの横に温泉が湧いてた夢を見ました。そこで入れってか。
不思議なんだけど、夢で『臭い』って感じたことないよね(私だけ?)。例えば汚いトイレとか、ゴミ袋一杯の腐ったトマトとか、どんな凄い汚れ物が出てきても何も感じないのですよ。そして何も感じないことに何の疑問も持たない夢の中の自分。これは脳の中のどの部分が夢に関係するかに関わってくるのかしら?

今までの話と何の関連性もないんだけど、『デミグラスソースを使った牛肉と玉ねぎの煮込みwithご飯』って、ハヤシライスで良くないか?(今日の三分クッキングのメニューより)

炭焼き職人風


昨日両親と美味しいイタリア料理店(駒ヶ根市・OGURA。ソースかつ丼明治亭の横)に行ったのに触発され、また大学祭で買ってしまったしょっっっぺえええー手作りベーコンを処理するためにカルボナーラを作りました。一人分のレシピを以下に。

材料:ベーコン 好きなだけ
全卵 一個
卵黄 一個
マイルド粉チーズ(赤い缶のやつ) 大さじ4
粗びき黒こしょう 好きなだけ
乾燥スパゲッティ 100グラム

作り方:①スパゲッティを塩をアバウトに入れた熱湯で表示時間マイナス一分茹でる。標準はお湯1リットルにつき10グラムくらいらしい。

②全卵と卵黄、粉チーズとこしょうを良く混ぜ混ぜする。

③ベーコンを適当に斬っておく。お洒落より食欲が勝り今回は一口サイズの角切りに(しょっぱいっちゅーに)。表面がカリカリになるくらい炒める。

④スパゲッティの茹で汁を大さじ3くらい取り出し、③と合わせ、火を止めて乳化するまで良く混ぜる。適当で宜し。

⑤④が、怖くても指で何とか触れる程度冷めたら茹で上がったスパゲッティと②の卵ソースをイン。

⑥再び火をつけ、中火くらいで高速で混ぜながら温める。多分30秒くらい?ねっとり『しかける』まで。完全ねっとりしちゃうと余熱で火が通り切っちゃうのでね。

味:今回横着して、無理矢理鍋一つで済ませよーとした為、スパゲッティを茹でおわってから同じ鍋でソースを作った。なのでさぞかしふやけているのだろうと思ったけど、寧ろアルデンテ過ぎる…くらい?ソースを作る間中冷蔵庫に入れていたのが良かった(?)のか。ベーコンは…やっぱりしょっぱい…実は去年もそうだったんよ。進歩ねえなあ…買う自分も進歩ねえなあ…だって『手作りベーコン』って魅惑的な響きがあるんだもん。ソースは個人的には大成功と言っても良いんでないか。炒り卵にもならず、かと言って生ではなく。ただ、家族とか来客とか、複数人分作るとなると、きっとこんな簡単にはいかないのだろうなと。
今度はしょっぱくないベーコンをスーパーで買ってきて作るんだ…。来月妹ちゃんが遊びに来るらしいので、もしカルボナーラが嫌いでなければ作ってあげようかな。昨日お母さんお父さんがお土産にくれたメロンが甘くて美味しい。OGURA、本当にオススメです。クリーム系パスタとクレームブリュレ、ミネストローネがめちゃうま。

今日は午前中ぐだぐだして起きられませんでしたが、午後はそれなりに仕事をしました。後輩と一緒に倉庫の片付けとか。明日はもう少しは頑張りたい。

以下週刊ジャンプれびゅう。
暗殺教室、修学旅行編クライマックスです。ビッチ先生がまだ二十歳だったことにおばちゃんびっくり。殺せんせーはやっぱり昔は人間だったらしい。まだまだポップな学園ドラマしてますが、終盤はかなり残酷な物語に変貌する匂いがします…
暗殺以外では斉木楠雄のψ難が今は好きです。ツンデレでコーヒーゼリーLOVEなくーちゃんが愛しいです。

友人を羨ましがらせる為だ けに大学祭の詳細を綴る

何故かガスコンロが操作出来なかったので究極にして至高のかき揚げ作りは断念した沌夕でこざいます。まあ、昼時はめっちゃ忙しいしな。良いかき揚げは冷水を使ったり、野菜の水分を抜いたりと色々気を使うらしいし、そんな手間が掛かることしてる暇はないだろう。学生のやることだから、今まで通り多少は大目に見て貰えるだろう。

後輩たちがやたらと「沌夕さんは仕事しなくて良いです!」と強調するので、少々のパシりとそば茹でをした以外は食い倒れをしておりました。お金?泣く泣く下ろして参りましたよ。
まずは食べたかったきのこ汁。野生のきのこが十種類くらい入っているはずですが、どーしても四種くらいしかわかりません…数が少ないきのこはきっと、冷凍カニ炒飯のカニみたいな感じで慎ましやかに混入しているのだろう。文句垂れましたが、こいつは本当に美味しい…きのこの旨み、豚肉や野菜の旨み、味噌の旨みが渾然一体で素晴らしい。これのために大学祭に来てるようなものだ。
次にアイスクリーム。私はダブル以上の数を頼む時は、食い合わせと色彩に少し拘るのですが、今日はチョコとラムレーズンと炭焼き珈琲と刺激物&茶色系統をチョイスしました。大人な気分で食べ始めましたが、信州の山奥の11月にトリプルアイスは、寒い…(ガキめ)
次にその寒さを癒すため、五年いて初めて沖縄料理の店に入りました。サーターアンダギー三個で50円。さんぴん茶と共に優雅なティータイム…の筈が何故かラフテーまで頼んでしまう。
外に出たらステージで餅つきしてたんでつきたて餅withきな粉をタダで貰ってきました。伸びる伸びる。
まあその調子で色々食べて参りました。というか食べるものしかないけど。今年はお化け屋敷も無かったし。このキャンパスは農学部オンリーなので部活なども大して無く、出し物なんかも少ないのですよ…。あれ、この記事友人を羨ましがらせる為に書いた筈じゃ。

それはヤツの性分でありもうどうにもならんことだから詳しく書かないけどまたしても後輩と不愉快なトラブルがあったので、また昔に随分私をいたぶってくれた旧バイト先の女将に再会してしまったので(向こうも知らんぷりでしたが…)、お酒解禁のアフター5が待ち遠しくてなりません。カクテル二杯くらいは飲んでやるんだ。あと女装コンテスト。今年は見たい!(学部二年生の時に見て以来恐らく見ていない)

久々の猛ダッシュで心肺バクバク

なまったなあ…

水・木とだるだるして学校にもいきませんでした。実際お腹痛かったし、(大したことなく治ったみたいだけど)頭痛もあったし。一応言い訳。緊急作業が入ったこともあり、流石に今日は登校しましたが。先生と実験の話も少しばかりしたのですが、意外に普通に話せて良かった。

実験でわからないことがあったので、似たよーな実験してたOBの先輩に電話。そんな仲良かった訳じゃないけど思いやり深い先輩で(少々口調は乱暴なのですが…・ω・U)耳慣れた声を久々に聞いてちょっと元気でました。この人みたいに色々喋れるようになれたらな。

さて、明日は大学祭。研究室の模擬店でかき揚げを出すのですが、時間が経つとべっちゃべちゃでちょっとお金を貰うのが申し訳ないくらいになります…(揚げたては良い)。なので私は究極にして至高のかき揚げを独り研究しようかと目論んでいたのですが、昨日までグロッキーしてたのでやるとしても猶予が今夜しかない!しかも両親が来るってのに部屋は掃除が終わってないし…
あと…少々の事情とちょっとした無駄遣いにより…残金…300円…ま、祭りなのに…先輩が来たら4200円返して貰えるけど何時になるかわからないし…

最低限きのこ研のきのこ汁は…食べときたいな…

これを最後の愚痴日 記にしようと思う

他人や自分にちょっとした絶望を。

何でも話してほしいって、どんな言葉を返してほしいと直に言ってもそうは返してくれない相手に、何を相談したってムダだよねぇ。

その人なりにとても心配してくれてるのはわかるしありがたいけど。

価値観の違いって本当に怖い。

まあ、私もその人の期待を裏切っているダメな先輩なのだからおあいこだな。

みんな年下なのにあんまりしっかりしてるんで、ついわかってもらえると錯覚した私が甘かった。考えてみりゃ(見なくても)23にもなるいい年したおねーちゃんが『こんなに頑張ってるのに誰も認めてくれない』も無いもんだ。社会に出たら結果が全てて出来る子なら努力なんてしてもしなくても良い程度のものなんだから。そうやってわざわざ人の目に触れる媒体に自虐的なことを書くのも、きっと「よしよしゆきちゃん可哀想に」と言って貰いたいだけだからだ。空回ってるのわかってるのに続けるのも同じ。
いい加減大人として無様なので、ここを今日から当初通り小説サイトに戻します。今までごめんね。面白いことがあったら、日記にするかもだけど。

ま、新しい沌夕を改めて宜しく。

ハリポタ(セブリリ)二次創作:ディスコミュニケーション

久しぶりに小説を書きながらその時間を待つ。喉と頭が痛いからさっさと寝たいけど、今日の(5日)『サラメシ』は観ときたい。ま、生では見逃したトリニダードに悶える後輩を見たいし(→A:観れた)。果たして私は映っているかしら?(→A:都合三回計二秒)



少年は裸足で家を飛び出した。父親がぶつから。顔が嫌い、声が嫌い、存在が嫌い、…彼の魔力が怖い。
彼と同じ血を持つ母は、見ざる言わざる聞かざるを決め込んでいた。仕方あるまい、普段ぶたれることが多いのは寧ろその母親の方なのだ。あまりにちょうちゃく苛まれる母が哀れで、つい立ちはだかったらこの通り。守ろうとした母親は、魔法ですら抗えない夫の拳が他所に向いたと悟るやいなや、石みたいに冷たくなった。父親の醜悪な手が少年の首根っこを強かに掴み上げて、無意識に肌と衣服に疾走らせた電流めいた感覚に、堪らず取り落とされた瞬間、少年は逃げ出した。今夜これから、どうするかなんて気にしない、気にならない。
陰気な廃工場の街を抜けて、どぶ川に掛かる橋を渡れば君が居る、君に逢える。
果たしていつもの公園で、ぶらんこに腰掛け少女は待っていた。麗らかな日差しの下、少年は少女のもとに駆け寄った。親友を見付けて笑いかけるも、彼の尋常ならざる様子に花のような笑みは強張る。
「どうしたの」
少女は聞いた。甘い声。真白の腕が少年のガリゴリに痩せた身体を受け止める。少年の大好きな赤い髪。石鹸の香り。
ろくに入浴も出来ない少年は、ふと自分が惨めになる。つい吐いた言葉は、救ってほしくて、受け止めてほしくて。

「リリー、僕は君さえ居てくれればそれでいい、他に何も要らないんだ」
だから君も望んでよ。私も貴方しか要らないって。君が望むなら、世界だって壊してあげるから。
果たして少女は囁いた。
「セブ、悲しくなること言わないで。」

お家に帰ろう?お酒が抜ければおじ様は優しいのでしょう?お酒を隠しちゃえば良いのよ。セブ、貴方が変えるのよ。そうすればきっと幸せに…

そんなのいらないんだよ想いの重さときみしかいらないんだよ価値観の相違はぼくにはきみしかいないのに剰りにそれじゃあんまりだ優しくしょせんきみはフツウのせかいのひとなんだしあわせなひとなんだ其してけっきょくぼくにはなにものこらないあたえられないぼくはぼくはたったひとり残酷に。

少年を突き放す。

「…セブ?」

少女は素直な小首を傾げる。少年の憎しみも哀しみも、少女にぶつかることはなく、ただ荒い息となって冷たい空に消えていく。
だって、彼女を憎むより、自分を抑える方が楽だから。世界を殺すより、自分が消える方が楽だから。

少年は少女からそっと離れた。それからそっと微笑んで、呟いた。

「良いな君は。世界と上手く、噛み合えて」



終われ。無意味に無理にリズム感に拘りすぎて何が何だか訳がわからん。あと厨二臭ぁ~。個人的にリリータソは穢れ知らぬ恵まれたお嬢さん。だから無意識に、平気で、孤独なセブルスの心を傷つける。はっきり言ってリリー嫌いよ。

つか冒頭三分しか農家さんと私達映さなかったじゃんかよ。撮影ばかりで冷めた肉食べさせられたのは何だったのry

パンプディングと言うのかな

私は独りの朝ごはんには、パンを牛乳に浸して砂糖をかけたりかけなかったりしたものを良く食べるのですが(時間が無い時に手軽で良い)、そいつを今朝はとうとう温めなければ食べられなくなりました。風邪気味でちょっとした不快感(例えばこの場合は朝ごはんの冷たさとか)に敏感になってるせいでもありますが、そのくらい冬に近づいているのだなあと思うとしみじみしじみ。

昼ドラらしき番組を見ている『夢』を見たよ。知らない殿方とお金目当てに遊ぶことを副業としている女子高生が、手下としてこきつかっていたクラスメート二人に裏切られ、自分の父親(市議会委員とかなんかちょっと偉い系の人)の前に引き出される。てっきり父親に叱られると思っていた女子高生だが、父親はなんとハーイ以下自主規制、という多少おぞましめな内容でした。その噂話を元に演劇部の同級生が脚本を作った、という良くわからんいらんオチまでついていました。何でそんな夢を見たのか。女子高生がマナカナのどっちかっぽかった気もする。昼ドラとか観ないし観れないし大体興味ないのですが。いや、そもそもこれは昼ドラなのか?しかし、久しぶりに語る価値のある?夢を見たぜ。
新入生で一人サボってる子がいる。高校時代からこの研究室に憧れててこの大学を受験した、という彼が、なぜ?きっと事情があるのだろうと思いつつ、それに対する同級たちの冷たい態度が気になるなるなる。今の子たち(ひとくくりにしちゃいかんかもしれないけど)って、仲間の些細な不正に異様に厳しいんだよね。そらあーサボりは大人として許されることではないかもだけど、それで自分に迷惑が掛かる訳じゃないなら別にほっときゃ良くねえ?と思うのだ。他の子に示しがつかないというが、その他の子たちも志を持ってここに来たのだろうし、気にせず自分を磨くことだけ考えていればいい、それだけのこと。あれかな、自分はこんなに頑張ってるのに何であいつは、とか思うのかな?そこまで書いて、あれ、それって私じゃね?と思い当たる。まあ、お互いに。

以上雑談。あ、暗殺教室一巻買った~。ホントに黄色かった…内容については気が向いたらまた後日。おまけ面白かったけど相変わらず毎週熟読してるから内容の確認みたいな感じで目新しくはない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。