スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっしゅーねん

三日くらい過ぎちゃったけど、なにげにウララバも一周年を迎えたようです。友人たちとの共同サイト『即席工場』で連載している鵜守の自作小説『マジラバ』の補足ブログの予定がいつの間にか日常を中心としたよろずブログと化していました。ずぼらだから縛りがない方が多分続けやすいのだと思う。最初のハリポタに関する考察ブログ(まだ電脳の海のどこかに漂っているのでしょう、題名すら忘れてしまった)は一ヶ月も持たなかったし。最早ジャンルが何なのかもわかりませんが、きっとこれからも適当な調子で進んでいくと思われます。
あ、そうそうウチと同じデザインのブログ見つけたよ。このピンクの中華風な花模様は可愛いと思う。自分としては読みやすいデザインだとも思うし。

一日中メシすら食わずゴロゴロしてましたー。帰宅したのが朝の9時だったのも一因ですが。起きたの午後の4時。もうちょいしたらお風呂入ってゴミをまとめて掃除をしなきゃ。あらゆる家具がないのはやっぱり不便。今夜はチューボーですよがあるのに…チーズバーガーを作る檀蜜さんを見たかった…
スポンサーサイト

アリプロの『北京LOVES』が頭から離れない

歌詞中で纏足の臭いがどーのと言ってるから閉じ込められている「君」はてっきり少女だと思っていたのに公式設定ではどうやら少年らしい。男の子でも『そーゆー目的』で使われる子は纏足をしていたのだろうか。しかし酷い風習である。足の親指以外の指をバキリと…ぞわわわわ。
久しぶりにアリプロを聴きたい気分で、実験中ずっと流しております。アリプロにはじめて出会ったのが学部一年の時、サークルの飲み会の時。名前も忘れてしまったさる先輩が勇挟青春談(正しいタンの漢字がない…)を歌っているのを聴いて衝撃を受けました。二年の終わり頃にはさほど聞きたくなくなっていたのですが、最近また良さを再発見しております。アリプロの歌詞は、良く聞いてると一見小難しそうで実は曲を通してあんまり意味が通ってなかったり、戸川純なんかに比べると雰囲気重視なのかな、と思ってしまいますが、『未來のイヴ』や標題に挙げた『北京LOVERS』など、背景にはどんな壮大な物語が隠されているんだろうと想像させてくれるところが良いです。というか、私が好きな曲や歌手ってそんなのばっかり。

昼からずっと顕微鏡覗いてて『目がっ、目があああっ』状態です。もう疲れたので日記書いてます。修論が書き終わった今になって100倍対物レンズの使い方がようやくわかったアホ院生。教えてくれた隣の研究室の人は私の手際の悪さやおっちょこちょいさ、実験室を満たす大音量のアリプロにきっと呆れていたに違いない。

一昨日くらいから何だかずっとお腹が落ち着きません。下すまではいかないのですが、何となくグルグルしていて実に気持ち悪い。食生活が荒れてるのはわかってるけど特に何がいけなかったのだ。一年間も冷凍していた手製のデミグラスソースか。因みにデミグラスソースはもう二度と作りたくありません。下手くそも原因だろうがあんだけ手間と金(四千円以上)と時間(三日)を掛けて後味以外大して美味くもなんともないなんて…サラサラしてたし…

なまじ暇だと創作意欲まで減退してしまうようです。ロリータピノキオもマジラバ10話も一次創作も二次創作も書きたいことはいっぱいある筈なのに脳が考えることを拒否している。あと『暗殺教室』の先が気になりすぎるのも多分一因。いつか『ラビングデッド』なんかも読んでみたいけど、短編集発売はまだですか松井先生…

久方ぶりじゃの、フローリング殿

ケータイを無くしました!

…無事に発見したのですが。零下の風が吹きすさぶ、夜の闇を懐中電灯すら持たず、雪が凍って凸凹になった道を血眼で探し歩くこと約二キロ。枯れたツツジの木の上で虚ろに光るケータイを見つけました。今のところイタズラなどされている形跡は無し。神様ありがとう。ツツジの上に置いてくれた人もありがとう。見つけた瞬間安堵と同時に寒さにやられていた指先が痛みを思い出しました。アドレナリンは麻酔にもなるのね。

さて、この二日で私の住みついている部屋は随分寂しくなりました。いくつかの家電や家具はリサイクルショップに売り、いらないものはゴミに出し、今日は最小限(?)のものをヤ○ト運輸さんに運んでいただきました。あんな重い段ボールやら重くてデカイ食器棚やらを一人で軽々三階から下まで運んでしまうお兄さんマジすげえ。リサイクルショップの人と言いヤ○ト運輸の人と言い、めちゃくちゃ手際が良くてしかもハキハキ笑顔で、プロの仕事とはこういうものかと舌を巻く思いでした。同時に(ジャンルは違うけど)私も社会人になったらおのずとプロの仕事振りを期待されるわけで、と考えて冷や汗たらたらしてしまったのですが。
しかし…引っ越しとは哀しいものだな。まだ使える鍋ヤカンなんかを不燃ゴミ袋に詰め込んでいく罪悪感。苦節六年を共にした家具がいつもの場所にない喪失感。取っておいたって嵩張るだけだし使うこともないんだろうけど。

水曜日なので以下サンデー感想。ネタバレ注意。
銀の匙…ちょ、トクさんwwwメガネを外すとあら美人、てのは少女漫画にありふれていますが、その逆ってのは確かに斬新かも。ハチさんが逮捕された理由はやはり、あまりに理不尽なものでした。それでも安住の地をみつけ、美しい妻(!)までめとって恐らく生涯幸せに暮らしたというのは救いのあるエンドでした。でもハチさんが故郷に残してきた家族たちはどうなってしまうのか、実際ならハチさん一人だけ幸せになるなんてそれこそ理不尽だとも考えてしまう私はひねくれ者?アイヌ人と日本人のハーフのあのおじさんも幸せになれたらいいけど…

おすもじっ…やはり、鶏さんは大志摩一家と浅からぬ関わりがあるようです。一方、寿が戻ってとっても嬉しそうな司ちゃん、戻ったのは訳があり申し訳なさそうな寿。そしてずぶ濡れになりながらさわらびを訪ねてきたのはいつものヤンデレ面した彩香。包丁を振りかざし、「司…くん?いや…司…ちゃん…?」
KOEEEEE!!!
女バレついに来たー!しかも司ちゃん命の危機。次週司ちゃんがお造りにされた図で始まっても私は驚かない…。こんなオッソロシイお嬢さんを「孤独な娘」で済ましちゃダメでしょ親父さん。自覚してるなら今からでも彩香に愛を注ぐのだ。

水回りの掃除をパイプユニッシュ先生にお任せ中。環境破壊ェ…

足元が壮絶に悪い

最初に、2月6日くらいに書いた記事の訂正。『晩三吉』は柑橘類ではなくて梨でした。すみませーん。
あと荒川先生が休まれた理由、インフルエンザだったようです。それじゃあ予告無し休載は当たり前、偉そうなこと言ってホントすみません。
今更ながら先週号の銀の匙明治版(?)の感想ですが、面白かったです。トクさんはコワモテだけどカッコいいし…また、あんないい人そうなハチさんが何をやって投獄されたのか、とても気になります。

本題。

今日は午前中が雪で夕方から雨という悪夢みたいな空模様でした。ここ三日ほどかけてたんまり積もった雪が、雨でべっしゃべしゃに溶けかけて歩きにくいのなんの。私のアパートの近所の道路は少し凹んでいて、雨が降る度に湖が出来てしまうんだけど、今日は道の真ん中は湖で道の端は積み上げられた雪山という世にも恐ろしい状況でした。どないせーっつーの。万年テクシー派は出掛けるなってか。
マンション増やすなとは言わん、でも先にやるべきことがあるだろう。もう私にはほとんど関係のないことだけど、後世のためにぜひとも道路整備をしてほしいものです。

一日の八割を2ちゃん鑑賞に費やしているけど、何とかリサイクル業者さんや引っ越し業者さんを迎えられる状態にはなりました!後は食器類を梱包してゴミを完全に出してしまって、使えそうな小物と食料品は研究室に押し付け…寄付して、ベッドを綺麗にして、荷物を詰め終わった段ボールを押し入れに入れるだけです!あ、軽くお掃除もしておきたい。

…結構、やることが残ってる…だと…?!

月曜日なのでジャンプ感想ネタバレ注意。毎度のことながら暗殺と斉ψしか読んでおりませんが。

今週はどちらも何だか慌ただしい展開で少し物足りなかった気がするよ。ネタバレサイトで予め内容を知っていたことも原因かもしれないけど。

暗殺教室(31話)…絶体絶命だった殺せんせーですが、奥の手の脱皮を使って難を逃れました。それでも追い詰められているのには変わりのないことですが。
渚が「僕たちが殺せんせーを殺したかった」と言ったのにはちょっとビックリ。殺せんせーのことを好きそうなのに、それでも殺したいとはこれいかに。渚たちが殺せんせーをイトナから庇うような陳腐な展開は勿論期待していませんでしたが、こんなに仲良しなのに殺意だけは消えないというのも少し不自然な気がします。いや、「よその奴に殺されるくらいなら僕たちの手で」、という渚なりの愛情なのかもしれませんが。
危ないところだった殺せんせーですが、長年の知恵と勘で見事、イトナを負かしてしまいました。「生きたければ皆と一緒に学びなさい」とイトナを諭す殺せんせーでしたが、イトナは目を真っ赤(←恐らく)にして触手を逆立てて暴走しそうな様子。シロさんが言った「イトナは大の勉強嫌い」というのは、なまじ実力があるために努力が嫌いで、変に自信があるためにそれが破られると受け入れられなくてヒステリーを起こす、ということではないでしょうか。なんて面倒なガキなんだ。しかしそんなとこも可愛い。

斉木楠雄のψ難…燃堂家のDNAにはどうあっても楠雄に迷惑を掛けなければ気が済まない、という情報でも刻まれているのか。随分久々な燃堂パパ(故人)の再登場です。それでも息子の方がウザさが薄いと思うのは気のせいか。
幽霊が生前のことを覚えていない、という設定は少し切ないものがありますね。
楠雄の幽体離脱も久々。0巻でやった時はヌードだったのに今回服着てるなんて残念…失礼しました。今回も鳥束が出ていましたが、彼は話のアクセント的にちょこっと登場するのが一番望ましい。

以上、週刊ジャンプの感想でした。さて寝る前に一仕事。

発言は、計画的に!

今日は珍しくバンキシャを観てました。たまにはニュースを観るのも大事。しかし、名前忘れたけどあの中国人のコメンテーターさんが「隕石が尖閣諸島に落ちればよかったのに」と言った時は「あ…やっちまったなこの人…」と思いました。案の定、10分後くらいに女性アナウンサーさんが「不適切な発言がありまして」と謝罪してましたし、今さっきネットでその事がニュースになっておりました。何だかこのコメンテーターさん、前から過激発言が多い方だったようですね。雉も鳴かずば打たれまい、思慮深い発言ができないのであれば無闇に人前に出るべきではないと私なんかは思ってしまうのだが、いかがだろうか?

(明後日売る予定の)冷蔵庫もタンスもちゃんと空にしたぜ!でもその代わり部屋中がゴミやら荷物やらで溢れ返っているんだぜ!まあ適宜ダンボールに詰めたりゴミすて場に持っていったりして徐々に減りつつはあるんだけど。干物通り越してミイラ女な地味子さんなのに、意外に服が多いのにびっくり。ダンボール二箱を占領してもまだ足りないとは。かなり古いのや汚れているのは捨てた筈なのになあ。
最後の洗濯もほぼ終了して、残すは皿洗い、瓶荒いだけだけどそれがまたやる気にならん。生憎水仕事とお掃除は大嫌いなんだ。私以外に困る奴がいないのであれば未来永劫やりたくない。とはいうもののリサイクル業者さんが私のお部屋を見たときに『本城博士の段ボールハウスを見た時の役所の人(ネウロより)』みたいな顔をするのはとてもやりきれないので、まあ明日までには何とかするつもり…。
明日は月曜日、愛しき君(暗殺教室のイトナくん)に会える…待ちきれなくてネタバレサイトを探しまくり、ようやくちょっとした情報を手に入れて『キャー早く見たい』と待ち遠しい気持ちに拍車がかかってしまった鵜守はアホの子。

個人経営のラーメン屋って夏っぽい感じがする



23:07頃訂正;花のワルツ→行進曲。ソフトバンクのCMで使われてたやつです。

私だけでしょうか?以前も胡桃割り人形の『行進曲』を雨の日の都会の夕方っぽいと言って、友人たちの賛同を得られなかったので、私は感性が奇妙なのかもしれません。…え、そんな感じしない?火曜日は赤っぽくて水曜日は青っぽくない?

画像は行き付けのラーメン屋さんのトンコツ醤油ラーメン(チャーシュー、ネギ、メンマのせ)です。一番の長所は大学からさほど歩かず来れるとこ。私の通う大学(←バレバレ?)の学生なら百円おまけしてくれるのもありがたい。麺はもう少し細くてコシがあるのが好みかな(博多ラーメンみたいにあんまり細くてばりばりしたのは苦手)。スープはトンコツならもうちょい濃くても良いんじゃない?あと若干しょっぱい。
しかしこの店の前に入っていた韓国料理屋より大分マシなのだ。だってビビンバに肉が入ってないなんてあり得ない!またこのラーメン屋には結構思い出があったり。今日みたいに一人で来たことも何回もあるし、学部の卒業式後に友人とくるんくるんにはね上がった頭のまんま食べに行ったこともある。懐かしいなあ。

切羽詰まってやることがなく(引っ越し関連もあと数日あるし…)、かと言って創作などの建設的な遊びをする気にもならなくて一日潰してしまいました。せっかくの春休み、人生最後の春休みなのに…よく考えるとこっから数十年、長期休みなんてないんですね。会社勤めなり万が一にも伴侶が出来たら子育てなりしなくてはならなくて、それが明けたとて幸せな老後があるとは限らない…うわーそう考えるともっと遊んどきゃ良かった!特にここ四年間!!結構意味もなく研究室に入り浸っていた気がする!夏なんかは実験シーズン真っ盛りだから仕方ないとして、冬休み春休みは…「先輩の苗の水やりしなきゃ」なんて、他の奴も居たのに。まあ、それはそれで良い思い出。休みなしの環境に入る予行演習にもなったしね。

さて、今夜はデータまとめのお仕事やって、朝になったら今度こそサンデーを読みに行こう。サンデーが置いてあるコンビニが徒歩だとそこそこ遠いから不便だ。今まで置いていたスーパーNが最近ジャンプマガジンしか置かなくなってしまったので。ちくしょー、小学館に何の恨みが(じゃあ立ち読みするなよ)

今日はなんの日ふんどしの日

どいつもこいつもメリーズチョコレートの陰謀に乗りやがって。後輩が焼いてきたケーキ(ガトーショコラ、エッグタルト、チーズケーキに杏仁豆腐)美味しかったけどさあ。

修論の直しを13日に終え(単位の書き方とか細かいところが全部違っていたので大変でした)多分、卒業確定です。発表会はズタボロだったけどな。
院生の発表は原稿無しがデフォなので(私は持ってないと一言も喋れなくなるので作っていきましたが)マイクとペンライトを持たされて両手が塞がれる。そうすると原稿を手に持てないので見辛くてたどたどしくなる。つっかえつっかえ読む中質問対策はばっちりだから質問だけはしっかりやろう、と決意するも虚しく、答えられないわけじゃないけど割りと思いがけない内容の質問が飛んできてしどろもどろになる。いっそのこと全く想定外の質問だったら「すみません、勉強不足でわかりません(ニコッ)」で済んだのに…
先生がさあ、怒らないんだよなあ…「こういうものは慣れだから」っつって…三年半やってるのに慣れない自分めちゃ情けないです。

先生方と一部の希望した学生たちは海外出張へ、卒論の方も終わり、気が抜けた学部生たち(徹夜3日続きの子がいたが、今日はぐっすり眠ってほしい)やら就活生たちは学校に来ないので、研究室はすっかり春休みモードです。私は一人、最後の仕事を片付けにパソコンに向か…おうとして何故かオタクサイトサーフィンに。まあいつものことである。

リサイクル屋が来る日も引っ越しの日も決まり、いよいよ卒業まで秒読みです。ごみ袋が尽きたからごみ袋チケットを貰いに市役所に行ったり、髪を切ったり、掃除したり、不動産屋に電話もしたりしないといけません。結構忙しいハズなのにコンビニにサンデーを読みに行くのすらめんどくさくなってしまうほど無気力だわ。

会田誠さんが問題になってるけど

『悪趣味』と聞いたならば見に行かずにはいられない。
ただ美術館に行く時間もないのでネットで画像を検索してみました。以下、感想。

うん、じわじわくるね。可愛いかそうでないかと問われたらまあ悪趣味だろうと思います。でも個人的には好きです。小さな画像しかなかったから、大きなキャンバスの実物を見たかったな。
イクラ丼とか開きとか、良く思い付く。私、アマチュアにも満たないド底辺創作家モドキだけど、とりあえず何かを創ることを趣味とする以上、自分が素晴らしいと思えるような作品を作ることの難しさは理解してるつもりなので、こんな奇抜なものを産み出せる感性には感心せざるを得ないのです。(ナルシーだから自分の作品大好きだけどねー、でももうちょい才能があったなら…!と思うこともしばしば)
市民団体とかよく知らないけど、ただ一言言っておきたいのは「そういう作品を、狂気を、否定されたら行き場がなくなってしまう人間も少なからずいる」ということですかね。いや、彼らからすれば「そんな狂ってるオマエラなんか理解出来ないから生きる価値がない」というかしら?
そういうのはやっぱり問題だと思うよ。少数派の排除、ってイコールまさにそういう人たちが普段は嫌ってそうないじめとか差別とか、その本質じゃないですか。
よーく、自分を鏡に映して考えてほしい。
宝野アリカ嬢だって「異端を弾き出す社会に本当の美は生まれない」って歌ってるし。

芸術家気取りでなんか書いてみたけど全然中身がない、恐ろしい。やっぱり私には才能が無い。

アイタタタなコラムはそれくらいにして、話題を変えましょう。

日が伸びたねえ!おやつを買いにスーパーに出掛けたのが5時ごろ、外作業でも出来そうなくらい明るかったです。計算してみると11月の最初くらいの日長時間か。寒いのは相変わらずだけど、春も近いんだな。
私にとっての春のにおいは立体マスクの臭いです!花粉症なので…
あと、春と聞くと「♪しょんぼりぼりぼりわかってくれる~」という歌詞とアンニュイなメロディが特徴的な、犬の蚤取り剤のコマーシャルを思い出します。あれ大好きだったのに、いつの間にかやらなくなってしまったね。三年くらいは春になると必ず流れてた気がするんだけど…
寂しいなあ、春ってのは別れと変化の季節だものなあ。

明日は発表会本番。先生にもお墨付きを貰い、今はとろりとろりと質問対策してるんだけど、あんまり実感が湧かない(^-^;)
あと、この期に及んでちょーっと都合の悪いデータを見つけてしまった。ツッコまれたらどうしよう…

怪盗Xにも少し似ている

何度も言ってる気がするけど、暗殺教室のイトナむちゃんこ可愛いなあ。あの変な髪型と変な目付きと、幼気なのに無機質な眼差しと、強さとかその力を手に入れるためにどんな悲しい過去を背負う羽目になったのか(殺せんせーもね)とか、もうね…。
なのになんで、どーして、イラストも小説も全く増えないの?みんなぐるぐるした眼のショタっ子はお嫌い?もうこの際ホモでも許すから二次創作のイトナが見たい…萌えに原作の量が追い付かない…

キモめな文章で始まりましたが、三連休です。初日は体調不良もあってそれらしく満喫してしまいましたが、よーく考えると発表会は明後日なんですね。…
発表会は、発表12分、質疑応答3分なんだけど、先日の練習ゼミでご指摘受けたことを全部直すと15分でも足りないくらいになってしまった。コミュ障にとって質問時間が少なくなるのはぶっちゃけ大変都合の良いことなんだけど、体面的にそう言う訳にもいかないのであと一日半でなんとかせねばならぬのだ。

以下、ジャンプ感想。面白かったのでかなり詳しくネタバレしてます注意。

暗殺教室:ちょ、扉www新入生違う、転入生だろが。てか誰が写真撮ったんだよ。やけに乙女ちくなシロさんに爆笑しつつ、ランドセルからこぼれおちる血塗れの手首に狂気を感じました。この雰囲気、ネウロ以来だ。これは、今週を限りにストーリーが暗転する証なのか?
殺せんせー、一人っ子だったのか。それにしても家族想像図がヒドイ。
淡々と大量の甘いお菓子を食べ、淡々と巨乳のおねいさんが載ったグラビア雑誌を眺めるイトナくん。可愛いし、それに対するみんなや殺せんせーの反応もおもすれーんだけど、イトナくんはそれが本人の嗜好と言うより殺せんせーがそうしてるから彼も真似てる感じがして、ちょっと背筋が寒くなりました。殺せんせーの精神撹乱のため意図的にやってるのか、殺せんせー細胞(?)にそうプログラムでもされているのか。
「巨乳好きは皆兄弟」良いセリフだ。
今まであまり目立たない子だった不破さんがオタクというか、ファンタジー脳を全開にして殺せんせーとイトナくんの過去を想像してました。ナルニア物語に出てきそうな、中世ヨーロッパの王国みたいな…
そして放課後、机に囲まれたリングで、殺せんせーとイトナの対決。
で、無惨に落とされた殺せんせーの腕と、明かされたイトナの秘密。髪が、メデューサのようだ!!なんと、その後ろ髪が触手に変化して、殺せんせーの腕をぶった斬ってしまったのだ!そしてその触手を見た殺せんせーは…
真っ黒!久々のド怒り顔だ!
「どこでそれ(触手)を手に入れたっ!!」
怒りに震える殺せんせーに、シロさんの圧力光線攻撃。ちょ、外野からの手助けは反則じゃない?
「全部知ってるんだよ。君の弱点は…」
動きを止められた殺せんせー、大ピンチ…とぅーびーこんてぃにゅーど…
なんだかいつになく緊迫感溢れるラストでした。こりゃ、核心に迫って来たかな…?
ド怒り顔の時の殺せんせーの回想、イトナやシロさんがちょくちょく渚くんをチラ見すること、渚くんが観察力や洞察力に優れる(=世間一般から見た研究者のイメージ)ことから想像するに、殺せんせーは無法松やセブルス・スネイプの同類なんじゃないかと思いました。もし今後「渚くんのお母さんは?」「ずっと前に亡くなったよ」みたいな話が来れば多分それで確定。はあ、殺せんせーはあのとぼけた無表情の裏にどんな過去を隠してらっしゃるのか。気になって昼しか眠れません。

斉木楠雄:学園ものなら一度はやらなきゃバレンタイン。いやー、とっても面白かったです。過去の伏線まで回収しちゃって。海藤くん、良かったね。燃堂のイタズラは許されるものではないだろうけど、彼にも良い思いして欲しかったなあ。(ほとんど絡みないけど)夢原さんとかどーよ。
そして最後、スーパーイケメンマンくーちゃんがまたしてもやってくれました。照橋さんが泣く泣く投げ捨てたチョコレートを、パシッとナイスキャッチ。この朴念仁が女の子のチョコを受け取ったというだけで、私は豚のようにブヒりまくるべきなのかもしれませんが、望みが叶うとついもう一つと期待してしまいます。楠雄、お前、ホワイトデーのお返しはちゃんとするんだろうな…

キルコさん:千明さんがドレスを質にいれなきゃならないほどギャンブルに嵌まりまくっていたのが意外でした。普段真面目な人ほどはっちゃけると凄いのか、それともキルコ組に洗脳されつつあるのか…キルコの動体視力ほすぃです。

バレンタイン…最近知ったフォンダンショコラのレシピを試したいです。でも洗い物は面倒だし、オーブンレンジを売ってしまう日も近いからできません。空気みたいにあるのが当たり前で、愛着なんか持ったこともなかったはずだけど、いざ失うとなると何なのこの罪悪感と喪失感。
スポンジケーキを焼いたよな。ガトーショコラを焼いたよな。チーズケーキも焼いたよな…

イトナくん可愛いのに

標題にジャンプ本誌のネタバレ入れてしまったけど、どうせキャラ名だけじゃ何もわからないし、良いよね。

こんなにこんなに可愛いのに、世間的な反響(支部とか)がいまいち薄い気がして悲しい。くーちゃんの女装は大好評みたいなのに。みんな男の娘好きねえ。
明後日(あ、もう明日だ)が待ち遠し過ぎて、ついつい早売りスレを覗いてしまったわ。詳細は書かないけど、イトナくんはホントに可愛い。

少し体調崩しぎみです。どすっぴんで寝癖頭で靴下の踵が透け透けでも生物学的には女なのである。それでも、と重い身体を引きずって学校に来たのに、結局練習は明日の朝だなんて…もう良い時間だから今夜も学校に泊まる。早寝早起きへの道は遠い。就職先は超早起きらしいが、大丈夫か?

人の心配してる場合では全くないんだけど(←パワーポイント作成なんとかしろよ練習ゼミ今日の午後だぞ)、来年からの研究室がとても心配です。私は人を避けすぎて距離感が掴めない性格なのですが、ちょくちょく話題に出すあの後輩は無遠慮すぎて距離感を掴めない性格…なのかな、と思います。今も忙しいっつってんのに色々聞いてきて早一時間、『お邪魔してすみません』の一言でもありゃちっとは可愛いのに、目上の文句言う前にやることがあんだろが…って愚痴はこれくらいにして、先生のことを親友と称するほど仲良しなようですが、最近ちょっとピリピリしています。来年は実質的に彼がトップになるわけですが、どうかな。先生や他の子達と揉めなきゃ良いが…
あと、私の実験を受け継ぐ子、何か色々ごめん。ホントごめん…

その名を晩三吉という

スーパーで売ってました。珍しい柑橘類らしいんだけど、値札の紹介文には『甘味が少なく、酸味が強く、しかし日持ちは良い』
こんなの読んで、購買意欲を掻き立てられる客がどれくらいいるっての。日持ちなんて、美味しいものならすぐに無くなるから、消費者からすれば一番重要なファクターではないじゃん。不味くて日持ちが良いとかあまり意味無い…
取り柄のないものを誉めるって大変なんですな。嘘つくことはできないし…でも売りこむためには良さそうに言わなきゃならないし…かくいう私も就活は大変でした。

随分久しぶりなサンデー感想。

犬夜叉:震災復興チャリティーヒーローズカムバックの一環で、四年半ぶりの犬夜叉でした。
感想は、まあ、こんなもんでしょう。ミロサンの子供たちも元気そうで、かごめの弓矢の腕前が桔梗に並ぶくらいに上がっていて。みんな幸せそうで何よりでした。

おすもじっ:忘れないでと言った君が、さよならと言った。ずっと友達やで、と言った君が、出刃包丁を向けてきた。いやはや切ないですな。
赤貝やさるぼう貝ってフルーティーな香りがするのか。そう聞くと俄然食べてみたくなるのですが、お高いんでしょうね。
結末としては、敵さんが存外物分かりが良すぎて正直ズコーでした。しかし、司が彩香ちゃんとこんなに仲良しだった時代もあったのか。これからどうなることやら。司も望んでる通り仲直りできたら良いとは思うけど、司が女だとバレたりしたら彩香の心証がさらに悪化しそうで怖い…。因みに私だったら、どんなに良い友達でも怒らせたら殺す気満々で出刃包丁を振るってくる人間だとわかった時点で今後の付き合いを考えると思うけど…。

荒川先生の銀の匙がまたまた休載です。
小さい子供を二人抱えた状態で週刊誌での連載持ち、凄いとは思います。なんてったって妊娠・出産があってもハガレンを一回も休まなかったお方ですしね。
でも、そんなに休載しなきゃならないなら、無理して週刊誌に載せなくてもガンガンみたいな月刊誌で少しのんびりやれば良いのにと思うのは残酷な意見でしょうか?
今週の休載も予告されてなかった休載だったと思うし(多分…違ったらすみません)、楽しみにしてるファンからすればやっぱり気分の良いもんではないですよ。荒川先生が育児真っ最中のこの時期になぜ、週刊誌連載をしようと思ったのか、挑戦心が芽生えたのかもわかりませんが、それで綻びが出てしまうなら本末転倒じゃないかなあ。

昨日は徹夜で…ニコニコしてました!ホントすみません。意志薄弱な子ですみません。…セルフ甘やかしついでに、眠いので洗濯物干したら寝ます。起きたら今度こそちゃんとお仕事します故…!!(てか明後日発表練習だってばよ)

欲望に負け続けた日

んなこと言ってしまったら毎日そうなんだけど。
クリームソーダ飲んだ後にセブンイレブンでガトーショコラとミルクレープを買いました。以下、感想。

ガトーショコラ:旨い、ガトーショコラの新機軸(?)だ。チーズケーキのように下にアーモンド風味の強いクッキーを土台にしていて、本体は生チョコみたいにしっとり軟らかい、あまり見ない形のガトーショコラでした。ガトーショコラ、何回か作ったことがあるんだけど、どうしたらそんな風にねっとりやわらかになるんだろう。東京ショコラ(名前不確か)みたいにチョコシロップでも染み込ませているのか。そんな感じではないと何となく思ったんだけどなあ。
ミルクレープ:クレープの食感がオサレ。クリームもたっぷりめで、甘さ控えめで、美味しかったです。

クレープって加工によってはおもしろくなるよね。以前オレンジジュースで煮込んでみたらワンタンみたいな食感で美味しかったですよ(グランマルニエもカラメルも入ってないし、無論フランベなんて高度なことは出来ないからこれはクレープシュゼットとは言いません)。
んで、考えてみたんだけど、『ドボシュトルテ風ミルクレープ』ってどうだろう。ドボシュトルテっていうのは薄いスポンジケーキを何枚か(五枚~七枚)重ねて、その間にモカ・チョコレート入りバタークリームを挟んで、一番上のスポンジケーキにカラメルを塗って作るハンガリーのケーキ(1887年、ドボシュさんという料理研究家が考案。フランツ・ヨーゼフ一世の好物。現在日本では、『ジェルボー東京本店…表参道のどっかAOビルの二階』で食べられるらしい)なんだけど、それをクレープで代用したら少し気軽に作れるんじゃね?と。でもドボシュトルテを実際に食べたことはないんだよね(じゃあ語るなよ)。人生最後の春休みに食べにいこうかなあ。そして食べたらきっと本場ハンガリーで食べてみたくなる。ハンガリーのケーキってパサパサで旨くないとの噂も聞くのですが…

セブンのお菓子レポートのはずが、いつの間にかドボシュトルテへの憧れを語る場に…

明日はサンデーで犬夜叉が復活です!なんだかんだ楽しみだ。

缶コーヒーや野菜ジュースを愛飲する人は仕事が出来ないらしい

…うん、否定の言葉が見つかりません。
缶コーヒー好き=眠気覚ましの必要がある=仕事を遅くまでやらねばならない=要領が悪い。
野菜ジュース好き=固形の野菜を摂取出来ない=食生活が乱れがち=自己管理も出来ない奴が仕事で大成できるかバッカモーン、の公式が成り立つのです。
でもそんなダメ人間がいっぱいいるからこそ、JTやダイドードリンコや、カゴメや伊藤園の人たちが食べていけるんだぜ、と開き直ってみせる。

月曜日につきジャンプ感想ネタバレ注意。

最近『新米婦警キルコさん』が割りと好き。絵柄だけは何となくキャッチーで、つまんねーなーと思いつつ読んでいたのだけれど、どっこい徐々におもしろくなってきたぞ。作者さんがキャラの動かし方を掴めてきたんだろうね。人にお勧めするほどの魅力は無いけれど。

斉木楠雄:くーちゃんは女装しても可愛いんだなあって、思いました。高橋もつい惚れてたし…
うむ、もっとやれ。しかしこんな綾波○イみたいなクールビューティーとあんなふざけた文面のラブレターは釣り合わない気がするのだが。ギャグとしては、『それはなんだ』『ケバブです』『没収だ!』がドツボでした。ケバブWWWそれを学校に持ってきて彼はどうするつもりだったんだ。
いやー、ファッションモンスターのラーメン屋さん以来の神回でした。
で、やっぱりこの作品の良いところはみんながなんだかんだ結局良い奴なんだってことですね♪

暗殺教室:ぬらま…いや、皆まで言うのは止そう。二人目の転校生のイトナくんは、見るからにイッちゃってる奴でした。ぐるぐるの目もヤバ気ですが、あの風車みたいな髪型はそう思い付けるデザインじゃないよな、と思います。サイの時も思ったけど、松井先生のキャラデザセンスって物凄く芸術的なんですよね。どうしたらあんなのを思い付けるんだろう。とため息ついてたら、『き、き、き、兄弟いいぃ?!』のイメージ画像にコンビニで大笑いしました(←迷惑)。そりゃ無理でしょ。
今回全体的に笑い成分多めで構成されていましたが、来週、というかこれからどうなることやら。このエピソードで殺せんせーの過去にも触れていくのかな?

キルコさん:キルコさんはストーリーテラーのセンスがあるな(重いけど)、と思っていたら実話でした。キルコさんの知られざる闇がついに明らかに…とガクブルしていたら、まさかの師匠のお話でした。キルコさんの経験談でもよかったのに。
今週はヤバ気な掲載位置でした。もうちょい頑張れ。

…こんなふざけた日記書いていますが、今、実は大ピンチです。物凄く重要な資料が見つからない(そんなんばっかし)。整理整頓は…しっかりな…

節分だった

今となっては昨日のことだが。
先生はご家族と一緒に豆まきしてお寿司を食べる(食べた)らしい。鬼役をやったのか、それとも私の実家みたいに鬼不在のまま豆まきだけしたのか。前者だったらちょっと(かなり?)見たかったような。

私の実家は元よりそんなに行事を重んじない(まともにやるのは正月と雛祭りくらいか)ので鬼不在の豆まきですらも随分前からやっていない。私の節分の思い出は、小学生の頃、友達の家に遊びにいったら、豆まきの後片付けをしていなかったので、部屋中に散らばっていた炒り豆を友達の目を盗んで拾って食べたことだろうか。鳩か。

そんで今日は立春でしたっけ?今日も元気に最低気温零度ですが、何か?

興味津々だった暗殺教室のVOMICを、ついに見ることが出来たんだけど、殺せんせーの声が…まんまヴァッシュ・ザ・スタンピート(トライガン)なんだよね。小野坂さん…
いや、カッコいいんですよ?殺せんせーもヴァッシュもヘラヘラしてて、人格者で、影がありそうで、桁外れなパワーを持ってて、女好きで、と共通点いっぱいあるしね。
でもねえ、私はフリーザ様(ドラゴンボール)とか、死神様(ソウルイーター)とか、もう少し人外っぽい声を期待してたんですよ。これじゃあただのイケメンじゃないですか。小野坂さんだから、って訳ではなくて、殺せんせーの声にするには味が薄すぎる。
てことで、些か期待外れでございました。渚の声は女の子過ぎるけど、まあこんなものか。

何度でも繰り返す、仕事はたんまり時間はちんまり。
私は並み外れて仕事が出来ない人間だから、あまり人にはキツイことを面と向かっては言えないんだけど、そんな大事なことはもっと早く教えて欲しかったですよOGの先輩。そのことをおそらく夏頃にはもう知っておられた筈なのだから。
…察しの通りウララバでしか文句言えない小心者でございます。

なぜみんな紅茶にメープルシロップを入れないのだ

最近メープルシロップ流行ってるじゃん(多分)?ヨーグルトにかけるし、煮物に使うし、菓子パンにも入ってるじゃん?なんで紅茶にだけは入れないの。美味しいのに。

二日前に人差し指の、爪の中を切りました。カバンに手を入れて本を取りだそうとしたら、本のページ(表紙か?)の一つが爪に食い込んで、シャーッと。恐るべし『洋食の基本』。行方不明のまま放っておいたことへの復讐かな。
無論血は止まっているのですが、未だにジリジリ疼いて水に濡れた時には強烈にしみます。
って、一年まえにもそんなことがあったような。しかし、紙で指を切るのって、(大怪我になることはまず無いし、綺麗に切れるから治りも早いのに)どうしてこんなに精神的ダメージがでかいんだろう(切れる時の音とか裂け目から覗く赤さとか、五感で苦痛を感じるからだと思われ)。

ネタ収集のため、ピノキオを十数年ぶりに見ました。暗いし、怖いね。幼い私がこれを嫌いだった理由を改めて感じました。ロバになった子供の衣服がベリッと引き裂かれるシーンがそこはかとなくエロいね。そんなヨコシマな考えでこのトラウマシーンをみられる程度には大人になったようですしみじみしじみ。
芸術性は買うけど前半に多い歌や踊りのシーンが冗長すぎて次第に飽きてくるし、キャラの性格が善玉悪玉問わず全般的に酷い(好感を持てない)ので、白雪姫などのように何度もみたいと思わせる引力に欠けるかと。
とすると、今進めているピノキオラブコメ化プロジェクトは俄然やりがいのある仕事になってきますな。既に頓挫(再)しかけているのは君と僕だけの秘密だ!ラブコメ化の時点で原作とは別物ではあるんだろうけど、誰が誰とどんなシチュエーションで会ったかなどの細かい構成を無視した方が話を作りやすいのだろうか?
パロディするの久しぶりだからわかんない…

もう2月だってよ


一年の12分の1が終わってしまったようです。恐るべし時の流れ。身を任せていたら飲み込まれちまう。

今日やったこと、知ったことなどをつらつら述べる。
発表用要旨を締め切り時間の一分遅れで提出。…だって、印刷する度に些細な間違いを発見してしまうんだもん。何でパソコンの中にデータとして存在する時は見つけられなくて、紙に印刷すると見つかるのだろう。結局人間は資源を無駄にしなければ何も得られないというのだろうか。
係の先生のお部屋に駆け込んだら、ちょうど要旨ポストを片付けようとしていたところでした。怖い怖い。
あと、やむを得ない事情があったとはいえ今回の要旨はほとんど先生が書いたものになってしまった。実に情けない。

今日はテレビ放送開始(NHKね)60周年らしい。昭和28年2月1日。終戦から10年くらいと聞くと私はつい千緒とトラ(当世白浪気質:〓杉山小弥花)のことを思い浮かべてしまうんだけど、その頃だったら千緒は既に彼女にそっくりな可愛らしい女の赤ちゃんを抱えていて、父親になったトラと一緒に世紀の瞬間を目の当たりにしたのかな、と想像してしまいます。明治、大正、昭和って、文化や雰囲気が凄く良いよね。世紀の瞬間、日本初のどれだけ多いことか。二次大戦だけはホントに勘弁してほしいけど、この時代に産まれてみたかったなあ。


発表会に使うパワポを作らなきゃだけど、ニコニコあたりでピノキオを観なくてはならない(義務なの?)。
即席工場(リンク先参照)で五年前に書きかけて挫折したピノキオのラブコメパロ(ピノキオが女の子でゼベットさんがロリコンのド変態という…)をまた書き始めましたので、興味ある方は宜しくー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。