スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画とか文章とか

 『女子的には萌え』なんてそんな中途半端な言い回し、真のオタクはしねェ!さては貴様、オタクの振りした三次元リア充野郎だな?出てけ出てけ、我らのサンクチュアリに貴様の居場所などなーい!!

 …驚いた方に説明を。とある場所でされていた『アナと雪の女王』のレビューにそんな言い回しが出てきたのです。ネットニュースの記事だって、女子高生のブログじゃないんだからもうちょいマシな言葉使おうや。

 遅ればせな報告ですが、日曜日に観てきました!面白かったー!!久し振りに二回目をみたいと思う映画に巡り会えたよ。以下に感想、ネタバレ注意。順不同注意。

 ディズニーの伝統を守りつつ、肝心なところでは良い意味で裏切ってくれました。まさかあの人が今回のヴィランだなんて。しかし、例え計算だとしても姫さま方が留守にした国を守ってくれたのは確かだし、根っから悪い奴でもないんじゃね?とかフォロー入れてみる。

 『会ったその日に婚約だなんて』メタネタに爆笑(映画館なので、心の中で)。その言葉、白雪姫とオーロラ姫とシンデレラに言ってみろ。

 ラプンツェルといいアナ雪といい、最近のディズニーは負の感情の描写が巧くなった気がします。いや、大昔のディズニーもかなり怖い描写はあったけど。何というか、主人公がここまで悩み苦しむ様子を見せるのって、あまりなかったんじゃないかなあ。その悩みの内容も、なんだか現代的になってきた気がします。エルサの部屋がだんだん凍りついていく様子や氷の城が赤く光るシーンは、エルサの孤独や自身の魔力に対する恐怖感がひしひし伝わってきて貰い泣きしてしまいました。一歩間違えたら凄く怖くなってしまうシーンだと思いますが、子供でも観られる程度に抑えつつしっかりエルサの感情を伝えてくるあたり、お見事。

 事前に観てはいたんだけど、やっぱり良いわー『let it go』。松つぁんの張り上げるみたいな歌声と、エルサの心の鎧とも取れる氷の城が出来上がる映像と、「これでいいの、構わないの」と繰り返す歌詞の相乗効果でまたしても涙だだもらしな鵜守。さすが『泉枯らしのエルサ』(←誰だよ)。

 エルサばっかり言及してますが、他の登場人物たちもみんな魅力的でした。アナはお嬢だけど活発で可愛いし。ちびアナの『雪だるまつーくーろー』がもうね…何この可愛すぎる幼女。
 クリストフはワイルドだけどカッコいい。完璧じゃないヒーローて素敵。でもトナカイとニンジン食べ合うのはなあ…
 オラフもアホキャラなんだろうけど自分が溶けることも厭わずアナを助けたり、しっかり見せ場を持っておりました。

 とまあ、つらつら取り留めない感想を述べて参りましたが、要約すれば「損はしないから兎に角観ろ」ということです。同時上映の『ミッキーのミニー救出大作戦』も素晴らしかったです。今と昔のアニメーションを比較しつつ、両方の良さを最大限生かした作りになっていると思いました。

 絶☆賛スランプ中!ネタは色々思い付くけど展開しない!!じゃあ二次創作だ、と思い取り掛かってもやっぱり全然描けない!一番の趣味なのにこのまま何も描けなくなっちまったらどーすんべ…(いいから受験勉強しろと)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。