スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ22・23号感想と黒日記

 暗殺教室、今週は名前がテーマでございました。木村じゃすてぃす…名前って大切。昨今はとかくオサレな名前を、とどの親御さんも張り切り過ぎですが、付けられた方はたまったもんじゃないですね。『読みやすく 当世風で 普遍的』難しいけど大切なこと。
 今週も一コマだけでも逢えて良かったです、「コロコロ上がり」くん。松井先生は多分、一話になるべくクラス全員登場させるように努力していらっしゃる。
 合併号なので来週はお預け。もうそんな時期かあ。次は巻頭カラー。で、予告にウソがなければみんな大好き遠足編。上手くいけば糸成くんのカラーリング解るかなとか…うわあああこれは何の拷問だー。それはそうと、彼らお勉強の方は大丈夫ですか?時期的にそろそろ中間では…
 あと、糸成くんは今はどこに住んでいるのかしら。虐待を受けていた訳ではないのならおじさんの家に戻るのが一番良いんだろうけど(それも烏間先生が事情説明しなくちゃならないと思うけど)、「おい村松、金がない、ラーメン食わせろ」のセリフから結局おじさん家には戻れなかったのかな?だとしたら烏間先生の居候か、一人暮らしか(E組は政府から暗殺用に多額の援助金を貰っているらしいので、生徒一人分の学費や生活費くらい捻出できないだろうか)…寺坂組がかわりばんこに泊めてる…ってのは私がやだなあ。だって落ち着ける場所がなくて可哀想じゃない。楽しそうではあるけどね。

 せっかく?なので、私も会社の人にコードネームをつけようと思います。
毒吐きメガネザルの雌、万年更年期障害、クイーンオブオツボネ。オノデラもサトウもオガワも大っ嫌いだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。