スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室:文化祭準備の時間

pixiv投稿作。

一同「女装メイド喫茶ぁ?!」

片岡「そう、いつものE組弄りでね。文化祭では必ずやることになってるの。選択肢はないんですって。」

磯貝「そしてこれが今年の衣装…」(ふりふりひらひらのロリータ風味のメイド服をみんなの前で振ってみせる)

女子「うっわ。…うっわー…。」

男子「マジで救えねぇなあのオッサン(←理事長)」

磯貝「申し訳ないんだけど、男子から5人、メイド役を選ばなければならない。」

片岡「渚は確定として…」

渚「確定なの?!!」

磯貝「一人だけじゃどうにもならないよ」

渚「反論の余地なし?!!」

片岡「でも他にこんな服着せても『見れる』男子なんて他に…あ。」

寺坂、村松、吉田「…」(イトナに向ける熱視線)

イトナ「…」(不穏な空気を感じ取り、三人からそっと距離を取ろうとする)

ドタバタゴシカァン
~お着替えタイム~

イトナ(メイド服を着せられ赤面)「お前らな…っ」

寺坂、村松、吉田「ギャハハハ!!」「ヒィー、ハラ割れるぅー!!」

片岡「渚レベルとまではいかないけど…」

速水「概ね悪くないね」

倉橋「メイクして、ヘアピース付けたらもっとよくなるかも~」

中村「よっし!渚とイトナのメイクは私に任せな!」

磯貝「これで二人と。他に意見はないかな?誰を推薦とか」

カルマ「俺、やろうかな」

磯貝「?!…有り難いけど、どうした風の吹き回し?」

カルマ「だってちょっと面白そうじゃん?何も知らずにデレデレしてるオッサンの眼前で思いっきりスカート捲り上げてやるとかさ」

片岡「…動機はともかく、今はその申し出は有り難い。更衣室は隣よ。」

~お着替えタイムⅡ~

カルマ「お・ま・た・せv」

一同「?!」

奥田「…カルマくんかっこいいから、似合うんですが、その…」

杉野「…なんか、すんげー『マジモン』ぽいっていうか…」

茅野「うん、前の二人に比べて『女装してる』感が半端ないよね…」

カルマ(笑っている)「キレイどころ?…自分で言うのもアレだけど…だけじゃ面白くないよね。絶対似合いそうにないガタイのデカい奴も選ぶってのはどう?」

女子「ガタイの…」

男子「デカい奴…?」

一同「じー…」

寺坂「…な、何だよお前ら…」

一同「じぃー…」

寺坂「じょっ、冗談だろ?!何考えてやがるお前ら、大体サイズ入らないって…」

カルマ「上司命令だ。…やれ」

うわあああドタバタゴシカァン
~お着替えタイムⅢ~

寺坂「………」(ぴちぴちのぱっつぱつ。おかめメイク、ちょこんと口紅)

イトナ「すまない、寺坂…慰めて頭の一つでも撫でてやるべきかとは思ったんだが…ブッ…さっき羽交い締めにされて着替えさせられて笑われたことがまだ尾を引いて…クッ…微笑みの間欠泉がどうにも抑えきれない」

寺坂「いっそ笑え!!素直に、豪快にっ!!」

イトナ「アッハハハハだっせえ!!!」

寺坂「てめえ!」

片岡「はいはいそこまで!いい加減にして頂戴二人とも」

寺坂「くそぅ…(コイツ、後で泣かす…)」

片岡「これで残りはあと一人ね。」

磯貝(静かに手を挙げる)

片岡「!?…ダメよ、磯貝くんは委員長でしょ?他の仕事だって沢山あるのに…(見たくないと言ったらウソになるけど)」

磯貝「皆にこんな屈辱的なことさせておいて自分は何もしないなんて出来ないよ。女装上等!意外にこの服動きやすそうだし」

一同「イっ…イケメンだー!!!」

女子数人「でも磯貝くん、この時が来たら絶対着せたいと思ってた人が一人いるの。申し訳ないけど、その人にして」

磯貝「?…誰だい、それは」

中村「盗撮作戦の首謀者」

倉橋「エロ本貯蓄」

矢田「ことあるごとにセクハラしてくる」

女子「岡島大河!!今こそ女の恨み、晴らす時っ!!!」

岡島「えっ、ええ~っ?!」

ドタバタゴシカァン
~お着替えタイムⅣ~


 かくして、ここに椚ヶ丘中文化祭限定・女装メイド戦隊オカマンジャーが誕生した!!女子の夢を守るため、頑張れオカマンジャー!それゆけオカマンジャー!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。