FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君よどこにいる(暗殺教室100ちこっと感想)

 消さなきゃいけない落書きに限って巧く描ける不思議。

 記念すべき100話だとゆーに、全くもって通常運転だったのに僅かばかりガッカリ。百という数字を囲んでパーチーするE組の扉絵でもあるかなーと期待してたけど…忙しいもの、仕方ないか。
 ロブロさん生きてて何よりw甘っちょい、死神(笑)という意見も見られるようだけど、烏間に連絡させるためにあえて致命傷には致らないようにしたとか、ロブロさんも死神の攻撃を受けて生きていられるくらいの達人だったとか、解釈はいくらでも出来るので私は別に気にならない。
 ビッチ先生生きてたー!!でも拘束されてもう3日かぁ、確実に危ない…
そして、死神はビッチ先生誘拐してE組に何の授業をしようとしているのだろう。怖い…
 気になるのは、またもや居ないイトナくん。彼は何してるんだろう…如何に4つの仮説をば。

①教室の外で裏工作中→だとしたら死神に気付かれて報復されたりしないか心配だ。
②風邪でお休み→季節の変わり目なんだから身体大事に…。
③まさかの裏切り!死神の仲間してる→うわ、読むの止めちゃうかも。まあ有り得ないとは思うけど…。
④コマ外にいる→それが一番安心!でも一週間に一コマくらいは顔見ないとお姉さん寂しいんだぜ!あとそろそろ何か喋ってくれ。

 殺せんせーのお声が解禁!ああ、こーゆー声だったのか、とすげーしっくりきました!!え、コレ福山潤さん?四月一日と同じ…マジで?!声優ミラクル。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。