スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室:生き残りたい転校生×2

箸休めみたいな。お久し振りのギャグ会話文。いつもながら本誌バレ、キャラ崩壊注意。そしてメタ注意。

イトナ:「今本誌では死神とか出てきてE組大ピンチな訳だが」

律:「ええ」

イトナ:「それについては律はどう思う?」

律:「どう、とは?」

イトナ:「暗殺教室がこれから先も『殺伐だけどほのぼのライフ』路線を貫くのか、デビルマンも真っ青な破壊と絶望の物語に変貌を遂げるのか、それは松井優征(かみ)のみぞ知るところではあるが、仮に後者でE組側に死人が出るとしたら真っ先に殺されるのは俺たちじゃないかと思ってな」

律:「た、確かに…私は人外ですし、堀部さんには身寄りがないし」

イトナ:「そこで今日は、そんな俺たちが生きて最終回を迎えられる術を模索しようと思う。まず自分の強みと弱みを把握してみよう。」

律:「私の強みは…色んな形のものが作れるとか、学習能力とか、あざとさとか色々ありますが」

イトナ:「自覚してるんだあざとさ」

律:「いざ殺されるというか、破壊される時にそれらが役に立つ可能性は3パーセントくらいでしょう。寧ろ弱みの方が大きい 」

イトナ:「動けないものな」

律:「マルウェア…じゃない、モバイル律を拡散することで皆様と行動を共にすることも出来ますが、それはこの本体有っての事ですし」

イトナ:「鵜守沌夕の『同窓会の時間二時間目』では本体が無くなってもモバイル律だけ残ってなかったか?」

律:「そんなのはしがない二次創作家の妄想ですし。」

イトナ:「因みに『同窓会シリーズ』は忘れている訳ではないらしい。下らないネタではあるが色々思い付いてしまってそれを消費するのに右往左往しているのと、本誌でビッチ先生がどうなるか見極めてから続きを書きたいのでお待たせしているという事らしい。以上ステマでした」

律:「話題を戻しますと、このように教室の床に固定されている状態では私の生存率は著しく低いままなのです。ですから堀部さん、早い所私を自律思考『自走』砲台に改造するのです。」

イトナ:「…考えとく(500kg…)」

律:「では堀部さんの強みと弱みに迫ってみましょう」

イトナ:「俺の強み…電子工作が多少出来るくらいしか思い浮かばないが」

律:「あと好みが別れそうなビミョーでゼツミョーな可愛さとか」

イトナ:「…律?」

律:「冗談です。触手時代に植え付けられた高い身体能力が残ってるみたいな描写があったじゃないですか」

イトナ:「(AIでも冗談とか言うのか…)でも二週間後に岡島と木村があっさり再現してたからな。理事長に感心までさせていたのに、結局あれは何だったのか」

律:「11巻のオマケで説明が為されれば良いですね。」

イトナ:「そして弱みだが」

律:「私が(+鵜守が)思うに、堀部さん意外と仲間想いなのではないですか?」

イトナ:「…そんな描写あったか?」

律:「なかったけど、状況的に考えてです。堀部さんは一度文字通り全てを失い、悪の道に堕ちた。そしてE組に救われた。良くない言い方をすればE組に借りがある状態です。意志は強そうだし、一度コレと決めた大切な人たちの為には何だってするタイプではありませんか?特に行方不明のご両親が亡くなっていたなんて展開になったら自棄になってE組を救うために自分の命を投げ打ってしまいやしないかと鵜守さんは心配で心配で昼しか眠れなi」

イトナ:「堀部さん巨乳マニアまで読んだ。まあ、ドリームするのも程々に」

律:「ここまで考えてみましたが…結局、私たちの強み弱みは関係なくて、松井先生(かみ)の一存でどうにでもなってしまうような気がしてきました。」

イトナ:「…となると、却って望みが見えてきたぞ」

律:「?」

イトナ:「松井先生(かみ)はテコ入れはしないと言いつつ、ファン人気を受けてか最近は千速、木桃を同じコマに描くよう心掛けている(と思う)。だったら三次元の人たちが『幸せになって欲しいキャラNo.1』とでもファンレターに書いてくれれば、俺たちが生き延びられる可能性が高くなるのではないか?」

律:「笹塚刑事…Xi…(ぽそり)」

イトナ:「何か言ったか?」

律:「滅相もない」

イトナ:「兎に角俺たちが願うのは、これからメディア化が進む暗殺教室の繁栄と」

律:「何故か途中から裏方になってしまって影の薄い私たち転校生組を忘れないで頂けたらなということです。」

イトナ律:「応援、宜しくお願いしまーす」


勝手に宣伝失礼&お粗末!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。