スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室101話感想

はーい、エキサイト感想ですよー。

先週のイトナ君の所在に関する仮説の答え合わせですが、四番(コマ外に居た)でしたー!!良かったあああ!もー、心配させよってからにこの子はー(←おかん?)。
そしてもう一つ、喜ばしいことが。
イトナ君が喋ったあああ!
ええ、やっとなんですの奥さん。
87、8話で仲間になって以来、体育祭にラジコン制作に大活躍だったにも係わらず、頑なにパントマイム貫いてきた彼がですよ。一言ですがついに…。いやー、メイン回じゃないときにセリフ貰えると、E組の仲間感が増しますねー。
でも最近ちょっと作画崩れ気味じゃない?と思うのだ。描きにくいビジュアルしてるのは承知ですが、出番は少ないのだから可愛く描いてあげて下さい、松井先生。個人的に好みは、顔立ちは88話で髪型は94話。
今回出てきた糸成3号は、ヘリコプターの形をしていました。いいんじゃないかしら。ラジコンに偵察をさせるなら、常々空を飛ばせた方がいいと思ってたので。視野は広く取れますし、対象にも見つかりにくいです。しかしカッコいいなあ。メカ全般に魅力を感じない私でもおおっ!てなったもん。こんなの作っちゃうイトナ君改めて素敵。こんなデザインできる松井先生マジ尊敬。

イトナ君は確かに大好きですが、某サイトのイトナバージョンになるつもりはありませんので(差別化)、本編の感想自体も軽く行きます。

早速死神に楯突く道を選んだE組ですが、大丈夫?ビッチ先生は拘束されて気絶して動けないので、死神はいつでも彼女を殺すことが出来るのですが…。
岡島くん、素晴らしい演技力ですっかり汚名返上です。撮るより出る方が向いてるのでは?いや、何にとは言わんが…。
愛美ちゃんと竹ちゃんも相変わらず地味カッコいい。技術者が揃っているE組、ホントに世界征服でも出来そうだ。
死神の『万を超える技術を思い出そう』て、へんてこな言い回しだと思いました。というのも私、死神のこれまでのやり口や殺せんせーを狙う理由が、どおも小物臭いな~と思っておりまして…今死神を名乗っている彼は、本物の死神の弟子とかではないのかなと。いや、別に彼が本当に本物の死神でも良いんですけどね。
次週どうなるか、やっぱり楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。