スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室(狭間):椅子取りゲーム

イトナに居場所を取られて疎外感を感じる狭間さんのお話。狭間さんは、寺坂グループを陰から支配するお姐さんキャラだと私は思っているので、何があっても割とドーンと構えていそうですが、たまにはこんな狭間さんも良いかなと。
途中、シモ注意。


最近、ウチの班の男共は、とても楽しそうだ。
狭間綺羅々は思う。
それというのも…
「おーいイトナ、頼まれてた部品もってきたぞ!」
吉田が、ネジと思しき金属の部品が入ったビニール袋を、綺羅々に当たりそうなくらい大きく振りながら走ってきた。
「イトナ、昨日の数学の宿題ちっと見せてくれや」
寺坂が、綺羅々にぶつかりそうだったことにも気付かずにスクールバッグを乱暴に机に置いた。
「何ィ、断る?!おめー誰が命救ってやったと思ってんだ」
「イトナ、親父がメンマ大量に余ったって!食うだろ?」
村松が、狭い机の間をすり抜ける時に綺羅々の机の上、しかも開いて読んでいたノートのど真ん中に手を着いた。
「…贅沢言うなよ、大体お前、ちゃんと野菜食えっての」

暫く横目で見ていたら、何時しか話題の中心は、イトナが殺せんせーから借りたというエロ写真集に移っていた。
「うっひょー、すんげぇ巨乳」
イトナの机の周りに集まって、揃いも揃ってデカい図体の背中を丸め、男共は食い入るように雑誌を覗き込んでいる。
「やっぱDカップは欲しいよな最低」
吉田がでれでれと言った。
「このビキニの食い込み具合がなかなか」
村松もキシシとニヤつきながら言う。
「君たちお子様だね、乳というものは美しくもなければ。ふくよかな白い膨らみの頂点に控えめに君臨する珊瑚色の乳首。…この娘はダメだね」
なんか増えてるし。
竹林が、眼鏡をくいっと指で押し上げながら会話に割り込んできた。
「全く、朝っぱらからビキニだ乳首だって…」
男共の会話を聞き咎めた片岡が心底から嫌そうに呟いた。
「狭間さん、こんな近くでよく耐えられるわね」
別に私は気にならない。男ってのはそういうものだ。でも。
綺羅々は思う。
私が一緒にいる時は、ここまで過激な猥談に花を咲かせたりはしなかった。こいつらなりに私に遠慮でもしていたのだろうか。

一日の授業が全部終わって、帰る時間。
「おうおめーら、村松んちでラーメン食ってくぞ」
寺坂が言った。
「まーたタダ飯食ってくのかよっ!!」
村松が目をひん剥いて怒鳴る。
これはいつも繰り返されるお約束の会話だ。それに伴い吉田とイトナもカバンを肩に掛けて立ち上がった。
「たまには博多ラーメンとか食いてーよ」
「バカ野郎、材料ねーのに作れるかよ」
村松が吉田のリクエストを素気なく突っぱねる。そして四人は、談笑しながら教室の出口近くまで歩いていった。
「あ。」
途中で寺坂が何かに気づいたように立ち止まった。それから振り返る、
「狭間、おめーも来るだろ?」

…忘れてたな?

そう思うとムショーに腹が立って、綺羅々はわざとらしいくらいにそっぽを向いた。
「私食欲無いから。そんなどっかの超能力ギャグ漫画みたいに毎日ラーメン食べてたらブタになるっての」
それから、綺羅々は再び椅子に腰を下ろして机の中から取りだした文庫本を開いた。教科書ノート全部カバンに詰めて帰り支度をしていたのは、誰の目にも明らかだったのに。

「…どうしたんだよ狭間の奴」
寺坂が怪訝そうに首をひねる。
「そりゃ毎日不味いラーメン食わされたら胃もたれもすんだろ?女の子だしな」
吉田が訳知り顔に頷いた。
「不味い不味い言いながら何で毎日来るんだよっ」
村松が額に青筋を浮かべて中指を立てながら怒る。
「…」
一連のやり取りを見ていたイトナは、何も言わなかった。寺坂たちが教室から出ていってもその場に留まって、子猫みたいに透明で大きな目を綺羅々に向け、暫く彼女をじぃっと見つめていた。
何かを言おうと逡巡しているようだったが、綺羅々はそれを無視した。やがて、
「イトナ何してんだよ、置いてっちまうぞ!」
寺坂に呼ばれて、彼もまた綺羅々に背を向けて、教室を後にした。

綺羅々は、教室から誰も居なくなっても文庫本と睨めっこを続けていた。しかし、全然内容は頭に入ってこない。

あー、もう!

綺羅々は文庫本を乱暴に閉じて、机の上に突っ伏した。
冷たく堅い木の表面に額をくっつけて、思い出すのは少し昔のこと。

綺羅々は一年生の時も、今とおんなじ、カワイクない女生徒だった。

「狭間さんて、ちょっと怖い…」
クラスメートたちはそう言って、綺羅々を遠巻きにした。まずは綺羅々の、魔女然とした容姿にビビり、何とか勇気を出して声を掛けた者は綺羅々のキッツイ物言いにたじろいで、二度と再び声を掛けてくることは無かった。この年頃の子たちは特に、自分と違う雰囲気を纏った存在に厳しいものである。綺羅々はいつも独りきりだった。別にそれでも構わなかった。一人でいるのには慣れていたし、それが心地よかったから。
しかし、ある時。席替えで、同じくクラスの嫌われ者、寺坂竜馬と隣になった。ヤツは行儀の悪いことに、机の上に汚れきった上履きの足をでんと乗せて、濁った目でぼーっと宙を見ていた。寺坂が綺羅々に初めて放った第一声は、コレだ。

「数学。めんど臭えから、宿題見せてくれや」

自分にそんな無遠慮な態度でモノを言ってくる奴は初めてだった。
「…はあ?あんたに見せてやる義理とか無いし」
内心びっくりしながら、いつものように毒を込めて言葉を吐く。寺坂は、恐れる様子もなく、ただふー、と息をついた。
「カタいこと言うなよ」
そうして勝手に、綺羅々の机の上に置いてあったノートを奪い取ってざかざかと自分のノートに書き写すと、それをポイと投げて返した。
何て野蛮で失礼で図々しい人間なんだろう。
綺羅々は思った。
でも同時に、興味深いとも思った。
暫く注意して見ていたら、こんなに無礼でみんなに嫌われている寺坂にも、二人の友人がいることが解った。それが村松拓哉と吉田大成だ。一見腰巾着のように見えるが、れっきとした対等な、仲の良い友達グループだった。揃いも揃って嫌われ者で、三人でつるんで教師に反抗したりささやかな悪いことをしたりしていた。綺羅々は何となく、彼らに付いて歩くようになった。寺坂たちの方も、そんな綺羅々を排除しようとしたり無碍に扱ったりはしなかった。それが独りでいるより居心地よくなって、気が付いたら四人でつるむのが通例になっていた。

…あの子(イトナ)は、良く知らないけど中々可哀想な来歴らしい。そんなあの子にやっと居場所が出来たんだ、それを疎むべきではない。

誰かに言い訳するみたいに、綺羅々は頭の中で自分に言い聞かせようとする。

それに…自分はもともと一人でいるのが好きだったし。あいつらだって、男同士で遠慮や気遣いなんてしないで、大好きなスケベ話なんか思う存分にしたいだろうし。それであいつらと関係が切れたって、ただ元通りになっただけだ。
あるべきものが、あるべき場所に。

…しかし、考えても考えても、心の奥底に隠れている本当の綺羅々は、どうしても納得してはくれなかった。彼女が首を横に振って訴え続けていることは、

私にとっても居場所なのに…

「あら、狭間さんまだ帰ってなかったんだ」
ガララ、と音がして、木製の引き戸が開かれた。顔を上げると深刻な女子不足に悩まされている三班の、もう一人の女子、原が教室に入ってくるところだった。
「…どうしたの?大丈夫?」
すぐに再び顔を伏せてしまった綺羅々を気遣って、原が訊いてくる。
「何でもない。ほっといて」
鼻と口を腕に押し付けた状態で、綺羅々はモゴモゴ喋る。
「そう…」
原は納得していない様子ではあったが、綺羅々の言うとおりにすることに決めたらしい。教室に戻ってきた目的の、英語の問題集を机から取り出して、カバンに入れる。それをこっそり眺めている内に、気が変わった。

「私さ」
綺羅々は誰も居ない前をぼうっと見つめながら、半ば独り言のように呟く。
「男に産まれりゃよかったよ」
「…」
原は手を止めて、わかってる、といった表情で綺羅々を見下ろした。

重ったるい、赤い夕陽が教室を染めている。遠く幽かに、電車の音が響いてきた。


over

暗殺教室107感想&だから言ったじゃん!!

応募総数、2548票(うろ覚え)…
これは…ネタにも出来ないよ惨めすぎて…
思えばキャラ一人につき一枚応募券必須と言ったら、ソレを手に入れるため買わなきゃならない雑誌代+ハガキで投票を行うために必要なお金は300円余り。暗殺教室のよーな群像劇系のストーリーではどうしても推しキャラが複数人出る。もし一人に絞りきれなくて好きなキャラ全員に投票しようと思ったら一千円くらいにはなってしまう計算だ。
このご時世にね、そんなバブリーなことが出来るファンばっかりじゃないでしょって話。ひとりに絞りきれなくて、じゃあ投票止めるわってなったファンだって大勢居たはず。応募券制にするのであれば、それ一枚で三人くらいには投票出来るようにするべきだった。
何を、欲を出してるんだ。そんなアコギな真似するのは、どこぞの大量生産型アイドルグループだけで充分だ!学生も多いファンのことを考えて、誠実ににやれ誠実に!!
ああもう、腹が立つ。

イトナ君がベスト15入り出来たのは素晴らしいです、おめでとう!仲間になってから半年経たない新参者で、カップリング萌え出来るステディさんも居ないのに、この結果は凄い!そうそう、君は単体だってこんなにも素敵なんだ。それと、こんな酷すぎる投票法でもこの子に一票入れようと思ってくれたファンが私の他にも43人もいたってことが純粋に嬉しいっす。一人じゃないって~、素敵なことね~♪ってな。
…「寺坂より上だから良しとしよう」、って、君本当に寺坂くんのこと大好きなんだな。全くけしからんもっとやれ。

愚痴ばっかりじゃいけないので、以下、軽ーく107話感想です。シモ注意。

まさか暗殺教室で房中術という単語を目にする日が来るとわ。幼いイリーナとロブロの奥様・オリガさんの、女同士あれやこれや想像しちまったじゃねえか畜生。
それはいいとして、血の記憶を忘れるために血の記憶を日常にするってのは、なるほどと思ったけどどっちにしろ人生は狂わされてしまうという…104話感想で私がボロクソ言ったような単純なお話ではなかったのですね…イリーナ先生、ごめんよ。
瓦礫に埋もれたイリーナ先生を見捨てて死神を追おうとする烏間先生を、説得したのは恋敵?の倉橋ちゃんでした。

「きっと大人になる途中で大人の欠片を幾つか拾い忘れたんだよ!」

こんなこと言ってくれる中学生いないよー。おねいさん泣いちゃう。
倉橋ちゃん、君はきっと良いオンナになれる。
でもイリーナ先生は、生き残れるかもしれないけれどE組には戻ってこないかもしれないな、と思いました。どういう事情にせよ、生徒たちを裏切ったのには変わりないし、生徒たちが許しても自分自身が許せないだろうし、殺し屋としてのプライドも思い出してしまったわけだし。
そして、死神がモニターをみたら牢屋がもぬけの殻っ!三村、何をしたー???

ヨソ様で天井に貼り付いてるって説があって、確かにそれかなと思うけど、だとしたら手錠はどうしたんだろう…?

日常ちょこちょこ

八月にうっかりお台場に連れてったのをキッカケに、かーちゃんが東京見物にハマってしまった。この連休ではディズニーランド、近々浅草にも行くと云う。一人で行けと言いたいところだが、断ると絶対機嫌悪くするしなー。しかもかーちゃん、新幹線派やねん。隙あらばカネ使うねん。コンタクトとか定期とか仕方のないモノ以外で月に二万も三万も使うの嫌なんだけど。少ないお給金で一生懸命将来のこと考えて貯金してるのに…どうしたもんかなあ。

ちょっと整理してなかっただけで迷惑メールフォルダがスゴいことに。「五百万であたしと※※しませんか」鏡見ろやいオカチメンコ(顔知らないしオッサンかもしれないけど)。ついでに俺は女だっ!!(竜之介ちゃん風に)

暗殺教室(イト寺):寺坂、頭をよくしてあげよう

腐向け、楽曲パロ。ギリッギリブログにも載せられるくらいにはお上品。一応付き合っている設定。需要はありそうなのに供給が全くないのが不思議なイト寺。自分はぼおいずらぶド下手なんだけど、これを読んだ腕に覚えのあるどなた様が「こんな下手っぴに任せてはおけーん!」と発奮して下されば…とかなんとか。


デートみたいなものと言いつつ、互いに金も無いし受験生と云うこともあって、二人で会う時は大抵、図書館やら公園やらの街中津々浦々で教科書と睨めっこすることになっていた。今日は寺坂の家族がたまたま留守だと言うので、奴の家に上がり込んで、買ってきた菓子パンやら炭酸飲料やらをお供に数学のドリルを解いていた。早々に課題を終えてしまった俺は、専ら寺坂が解らないところを教えることに専念していた。
「この問題は、こっちの数式を使って…」
「こうか」
「違う、最後まで話を聞け。…何で解らないんだ、寺坂のバカ」
あんまり理解して貰えないのに苛立って、つい罵倒が口からついて出る。寺坂はいつもの通り、眉根に皺を寄せて抗議した。
「お前なァ、人のことあんまりバカバカ言うなって言ってんだろ?大体お前の教え方が悪いから。」
「人の所為にするな。…前の、難易度の低い問題に戻るぞ」
俺はドリルのページを少し前まで戻し、基本的な公式などをもう一度丁寧に教え直してやる。
その甲斐があってか、時々コーラで喉を潤しながら、時々髪をかきむしってあーとかうーとか呻きながら、寺坂は何とか解き仰せた。
「正解だ、やれば出来るじゃないか」
からかい半分に拍手などして誉めてやれば、寺坂はフンと鼻を鳴らした。

「お前、よくこんな小難しいの解るよな」
課題が一段落着いて、休憩をとる。如何にも間抜けそうな表情でジャムパンをもふもふとかじりながら、寺坂は言った。
「パズルみたいなものだろ?この程度解らないの、E組ではもうお前くらいのものだぞ」
俺はラジコンのヘリコプターのねじをドライバーで締めながら顔も上げずに返した。顔を上げなくとも、「また言う…」と呟く寺坂が拳を握り締めてぐぬぬと顔をしかめているのは手に取るように解る。そしてその拳が、改造人間としての力を既にもう殆ど失って久しい俺に向けられる可能性はほぼ無いだろうということも。
「…数学とか科学とかは、絶対的なものだからな」
手を止めて、俺は呟く。顔を上げて寺坂の顔を見ると、寺坂は案の定はてな?という表情をしていた。俺は続けた、
「変わったり壊れたりしない。答えが決まっている。…ヒトと、違って」
親父もお袋も、友達だと思っていた奴も、みんな俺の元から去っていった。それについて俺は責める権利を持たない。責める気もない。人間ってのは、そういうものだ。
…だが、本当にそう、諦めきっているなら、どうして今、それをコイツに言う気になったのだろう?
遠回しにヒトを、自分を否定する言葉を俺に投げつけられた寺坂は、困ったような顔をしていた。
「…変わらないもんだって、あると思うが…」
寺坂は、コイツらしからぬ小さな声でぼそりと呟いた。
「…本当にお前は、バカだな。犬以下」
俺はため息をついて言う。
「だぁらっ、バカって言うなっ!!犬以下ってなんだ!!」
寺坂は怒って拳を振り上げた。俺ははいはいと幼児をあやすかのようにそれをかわした。
寺坂が、そう言うのは解りきっていたことだった。
コイツはバカだけど、本当に優しい。本当にコイツなら、例え地球が終わっても俺から去らないでいてくれるかもしれない。…そう、信じたくなってしまう。
「絶対的なものが欲しいなら、俺がやるし」
寺坂は、当たり前、と言った調子であっけらかーんと言った。
俺は椅子から立ち上がって、寺坂の目の前に立つ。
「…何だよ」
寺坂は怪訝そうに訊く。
「寺坂、キスしようか」
俺は座ったままの寺坂を見下ろして淡々と言う。
「はあ?何を唐突に…」
答えを待たず、余計な発言を許さず、俺は身を屈めて寺坂の唇を性急に奪う。
角度を変え、何度でも重ね、徐々に深くなっていく口づけ。速度を増す寺坂の鼓動と、水音だけが俺の聴覚を満たしていく。
時間も、酸欠も気にならない。ただただ、コイツの体温を感じていられればそれで。
一分もやっていたら苦しくなったのか、寺坂は俺の肩を掴んで引き剥がそうとする。俺は仕方なく離れてやった。濡れて光る糸だけが、未練がましく二人の間を繋いでいる。
「何だってんだ、一体…」
寺坂は口元の唾液を手の甲でぬぐい去る。それで糸は、呆気なく切れて下に落ちた。
もう少しくらい、名残惜しそうにしてくれても良いのに。
俺はつい、今より多くを望んでしまいそうになる。
寺坂は俺より随分背も高い、体格も良い。寺坂が座っていてくれるから、俺が優位にも立てると言うのに。
「あ、勉強ばっかやってて飽きたとか。『休む』か?」
寺坂が後ろの寝台に走らせた視線で、その言葉に隠された意味を知る。まあ、そうしたいのは山々なんだが。
「早い内には帰ってくるんだろ、親」
代わりと言う訳でもないが、俺は寺坂の首に腕を回して抱き締めた。寺坂の耳元で、俺は囁く。
「寺坂、頭を良くしてやる」
「はぁ?」
寺坂はまた、言った。
「おめー、失礼って言葉知ってるか?」
寺坂の顔は見えないが、声の調子から多分、顔を怒りのあまりひくひくと引き攣らせているに違いない。寺坂は、俺の腕をそれでも振り払うことはしない。それを良いことに俺は続けた、
「数学と英語なら人に教えられるくらいには自信がある。その他も…まあ、お前よりは出来ると思う。だから、一緒に居る内に教えてやる。どんなにお前がバカでも、我慢して教えてやる」
「バカバカうっせーっての…」
もう反論するのも面倒くさい、といった調子で寺坂はため息を吐いた。

優しい寺坂、俺の命を救ってくれた寺坂、俺がどんなにかお前のことが好きか、お前は解らないだろう。
でもきっといつか、恋にも終わりが来るものだ。その時、お前に少しでも俺がひととき、一緒に過ごした証が残るように。また一人になっても、俺が生きていけるように。

窓の外では、晩秋の色濃い黄昏が、街を染め始めていた。

over

物書きもどきが何か言ってる

碧洋、大口叩いたけど筆が乗らないー。でも、愛読者さま方と約束したんだから書かなくちゃ。
渚カエのモンスターが意外に評価が伸びなかった。これは伸びるぞ、と思って書いたものが伸びなかったり、テキトーに書いたものが大好評だったり、何がウケて何がウケないのか見極めが難しい。ただ一つ言えるのは、千速とよろずカップリング複合型は人の興味を引けるのかなあ、と。あまり読んでもらえなくてもイトナ君(彼を含めた寺坂グループ)を書くことだけは止められないんだけどね。ややマイナーキャラだろうがカップリング要素がなかろうが、ウデさえあれば読んでもらえる作品もあるのだと最近解ったので、頑張って精進しなければ。その前に夜中にこそこそキーボードを叩かなくても済むように、早く正社員にならなくちゃ。

来週、人気投票結果発表らしい。カラー無し。人気マンガ(…だよね?)のそーゆーイベントでカラー無しは、あんまり無いことなのだとか。あんまり、投票数伸びなかったのかなあ。まあ、実質応募券必須じゃねえ。実写化、アニメ化の目白押しであちこちのメディアに引っ張りだこで、松井先生はカラー原稿なんか描いている時間がないのだと、好意的に解釈しておこう。しかし、それにしても暗殺教室のメディア展開の仕方は何かズレていると言わざるを得ない。

車窓からヒガンバナが咲いてるのが見えました。そっか、その季節だよなあ。一番好きな花はヒガンバナとマムシグサなんだけど、それを人に言うと厨二病てな目で見られるので普段は桜とか、と言っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。